鹿屋体育大学 水泳部

鹿屋体育大学水泳部は人格の形成と競技力の向上を目標とし、日々活動を行っています。本ブログでは水泳部の練習風景や日常活動などを部員全員で更新していきます。


テーマ:
こんばんは。


本日のブログを担当します
西田直史と申します。

ついに、この日がやってきました。

本当に時が早く過ぎて
行くものだと実感しております


最後のブログは、少々長くなりますが
あらかじめご了承ください。



高校を卒業して、1年の浪人生活を
経て鹿屋体育大学に入学しました。

「やっと、水泳ができる」という
思いを胸に入部しました。

しかし、最初は驚きの連続でした。

それまで自分が経験してきた
練習よりも遥かに厳しいものでした。

もちろん、鹿屋体育大学水泳部の
ことは調べており、覚悟はできて
いるつもりでした。

しかし、自分の想像を超えていました。

まずは、練習をやるだけで精一杯
でした。

サークルアウトはもちろん、
先輩方に追いつかれたことも
ありました。

練習がこんなにも地獄だと
感じた日々はなく、私にとって
毎日が合宿みたいでした。

さらに、1年生の仕事を
こなすことが大変でした。

とにかく、言われたことが
できず、何度も怒られました。

自分ではできたつもりでも、空回り。


こんな日々が続き、とても嫌に
なりました。

それは、自分に対してです。


しかし、当時はどうしたら
怒られないようにすればいいのか
ばかり考えていました。

今思えば、これ自体が間違った
考えでした。

この仕事に何の意味があるのかを
自分の中で意味付けして行動する
べきでした。

まだ、あの頃は考えが甘かったなと
今ではそう思います。


練習にも少しずつ慣れ、仕事も
できるようになり始めてから
私の中にあった嫌な気持ちも
なくなり始めました。


その頃からでしょうか…
練習が楽しくなり始めたのは。

もちろんきついのは当たり前です。


ただ、日々の練習で成長したと
実感できるととても嬉しくなりました。

試合で自己記録が更新できる
できない関係なく、毎年どこか
成長しているところがあると
練習で実感できました。

だからこそ、水泳を嫌だと
思わなかった4年間を過ごせたと
思います。


私は、先日行われました全国公で
引退レースを終えました。

正直、記録自体は満足できる
ものではありませんでした。

しかし、不思議と悔しいよりも
やりきった感じがありました。

もちろん、自己記録を更新して
終わるために練習してきました。

しかし、そこに至るプロセスを
振り返ってみると自分のベストは
尽くせたと感じました。

こうした上での結果であれば、
すんなりと納得できました。

また、感謝の気持ちで溢れていました。

最後まで、水泳を好きで、
そして楽しく終えることが
できたからです。

ここまでできたのも、1人では
絶対に無理です。

多くの人に支えられていたから
できました。


今まで先輩方に言ってきた
「お疲れ様でした」

今まで後輩に言われてきた
「お疲れ様でした」

何度も言ったり、聞いたりした
この言葉が控え場所に戻ると
まるで違う言葉のように
聞こえました。

この言葉がその瞬間のことではなく、
改めて引退ということを実感させる
ものであったと思いました。

本来なら、「ありがとう」と返す
べきでしたが、涙が先に来てしまいました。

この言葉を言われる度に、我慢する
ことができず、涙が出て来たので、
「もうやめて」と思ってしまいました笑

入部後チームメイトの前で初めて
涙を見せてしまいました。

本当はここで泣くつもりは
なかったのですが…笑


ただ、涙が流れたということは
引退するということに加え、
ここでの4年間が自分にとって
かけがえのないものだからだと
思いました。


応援して下さった皆様
本当にありがとうございました。

インカレでは、サポーターとして
出場する選手を全力で支えます!
私も選手以上に頑張ります!


これでブログを終わりますと
言いたいところですが、
もう少し続けます。


次は、私が鹿屋体育大学水泳部に
入部して学んだことや成長したことを
箇条書きに記します。

・努力は正しい方向で行わないといけない

・人の前で話すことが上手くなった

・朝早く起きることに抵抗がなくなった

これは、ほんの一例ですが…

水泳のことはもちろんのこと、
それ以外で多くのことを学び、
成長できたと思います。

例えば、人の前で話すことが
上手くなったのは先輩方、後輩、
そして同期のおかげです。

私の場合は、振り返れば多くの方々に
いじられたりツッコミをいれたり
してきました。

こうした機会が増えたことで、
どのようにしたら相手に伝わるのか
常に考えながら話す環境がありました。

このような環境で生活していると、
自然と話し方や話す順序の組み立て方
といったことが上達していきました。

特に、同期の崇志と舜弥の
パスをひたすら返してきたので、
彼らはいい練習になりました笑

そんなこともあり、就職活動での
面接は自信を持って
臨むことができました(≧▽≦)

本当に感謝しかありません。


それでは、まとめに入りたいと
思います。



私は、鹿屋体育大学に入学して
本当に良かったと感じております。

神奈川県出身の私からすれば、
首都圏にある交通アクセスのよい
大学も選択肢にありました。

ただ、もしこの大学に入ってなかったら
このようなことを感じられて
いるのだろうかと疑問に思います。


素晴らしい環境で、水泳に打ち込めた
ことに加え、先輩や後輩にも恵まれました。

{893009EE-F0C0-4966-9402-C6796272D775}


特に、同期の存在は大きかったです。
一緒に練習したことや遊んだこと、
ご飯を食べたこと、ふざけたこと
私にとって全部思い出となっています。 

同期のみんなは、本当にかけがえの
ないものです。

{9BAF80A7-00C5-4CA4-A486-3BA4BCDB915F}


彼らに出会えてよかったと
心から思います。
みんな、大好きです(^-^)


そして、指導して下さった
萬久先生、角川先生
本当にありがとうございました。

鹿屋体育大学水泳部に入部して
心から良かったと感謝しています。

話は変わりますが、
もし、鹿屋体育大学を迷っている
また興味がある高校生は是非
来て欲しいと思います。

ここでの生活は本当に
競技力向上を目指せ、
かつ人間として成長できる
環境があります!

都会の大学にも劣らない、
そういう魅力がここには
あります。

神奈川県出身の私が言うので
間違いありません笑

自信を持って勧められます。


{9E420C53-BC6C-41FF-A60D-9B02B860E1C6}


鹿屋体育大学水泳部
最高です。

インカレまであともう少しです。
チーム一丸となって頑張って
いきましょう爆笑


まとまりがない文章で
すみません(>_<)

これで本当に最後です。


このブログを読んで下さった
皆様、ありがとうございました。


明日は、早水柚香子です。


































































AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

KANOYA Swim Teamさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

同じテーマ 「ブログ」 の記事
最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。