こんにちは。

かのんこです。
いつもご訪問ありがとうございます!
 
----------------------------------------------
 
我が家は4人暮らし。

お父さん夫(年収300万円台)
お母さん個人事業主の私(年収非公開)
赤ちゃん娘2歳
赤ちゃん息子0歳

一昨年、世帯年収300万円台で一戸建て(大阪府)を購入しました。
現在は世帯年収300万円を超えましたが、変わらず節約生活を続けています。

2017年8月預金19.7万円
2018年12月預金168.5万円
2019年度中に預金300万円を目指しております。
 
我が家の歴史はこちら→
※リブログはお好きにどうぞ♡
 
 
----------------------------------------------
 
つづきです。
整理収納カテゴリなのにごめんなさい。
うちの娘は視覚優位!?
視覚優位ってなんだろう?


調べてみたところ、
子どもは大雑把に分けると、視覚優位と聴覚優位の子がいるのだそうです。
(言語優位も追加されて3パターンに分けているものも。全体的に満遍なく発達している子もいるようです。)


視覚優位の子は、言葉で言われても理解しづらく、図解して教えたり、目で見てわかる状況を作ることが大事なのだとか!!


たとえば…
集団で行動させる。(皆がやっているからわかる。)
収納場所にものの写真や絵を貼る。
行動の指示に絵カードを見せる。


このような知識を踏まえた上で、
先日、5ヶ月待ちだった小児言語科へ行って参りましたランニング


検査部屋では言語聴覚士の先生2人が対応してくださり、今回は以下3点から発達を見ていきます、と説明を受けました。


●動作性課題
(先生方は「認知」と言っておられました。)
●言葉 表現力
●言葉 理解力


長くなりそうなので、
今日は動作性課題でどんなテストをしたのかを書いていきます。


①積み木の検査
積み木を使って指示通りのことができるのか、先生の模倣ができるのか、チェックされます。


1.積み木3つ、5つを積む

(8個詰めると3歳以上)

2.積み木4つを横並びにする

3.積み木をもの(今回は電車)に見立て遊ぶ

4.積み木で門(トンネル)をつくる

5.箱におかたづけできるか(これは検査じゃないかも?)



②図形の検査

様々な図形が書いてある大きなシートを渡され、

小さな図形カードを大きなシート内の図形上におけるかどうかチェックされます。

(型はめに似たイメージです。○なら○の上。△なら△の上。)



1.丸

2.正方形

3.三角

4.長方形

5.ひし形

6.楕円

7.8角形

8.台形

9.変形型a

10.変形型b



その後、先生が指示した図形を指差せるか、のチェックがありました。

(○のカードを見せたら、大きなシートの○を指差す。)



これが2歳9ヶ月の娘ができていて欲しい、というボーダーラインだそうです。
うちの娘は、②記号の検査の4.長方形と8.台形以外はすんなりできました。


最後までできなかったのは4.長方形で、これに何故引っかかったのかというと、おそらくですが、2.正方形と4.長方形をの差がいまいちわかってないようでした。


どちらも「四角!!四角!!」と言っていたので、四角なら同じものだと思っていたのかも上差し


ちなみに、
この検査をパスできる子は、周りを見て学習できる可能性が高い、のだそうです。
=空気が読める。


なぜかというと、
この検査は子どもの見る力(見てどうなるか想像する、予測する力)をチェックしているからです。


言われてみれば、うちの娘。
保育園の集まり2回目で、椅子の準備と片付けを自らしていたし、
お友達が靴を履いているのを見て、自分で靴を履くようになりました。
息子にも、私が娘にしたように本を読んであげているし、食後お皿も下げてくれます。(主人も下げてくれるようになった←え!?)


というわけで
動作性課題は問題なさそうでした。


ここは、保健センターで受けた他の検査内容でも問題ないと言われていたので、私も余裕を持って見ることができました。


次は問題の言葉の検査ですゲッソリ


つづきます。

 
アメブロ読者登録してくれたら嬉しいです♡♡

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ

 
撒きちらす娘に愛の\喝/を
よろしくお願いします♡