おはようございます。
かのんこです。
いつもご訪問ありがとうございます!
 
----------------------------------------------
 
我が家は
夫、新米主婦の私、子供の3人暮らしです。
昨年年収300万円台で一戸建て(大阪府)を購入!!
夫婦の合わない趣向の葛藤、
掃除、収納、家計の奮闘を
元営業の目線で書いています!!
 
くわしい自己紹介はこちら→
※リブログはお好きにどうぞ♡
※アメンバー記事は記事のあるブロガーさん限定です。ごめんなさい!!
 
NEW:インスタ始めてみました。
 
----------------------------------------------
 
断捨離が上手くいかない時って
物の背景に囚われがちじゃないですか?
「○○さんから貰ったから」
「思い出の品だから」
「まだ使えるから」
 「(人形やぬいぐるみが)かわいそうだから」
 

これ、きっと
物を捨てるときに感じる


罪悪感に恐れがあるんですよね
 
 
だけど、
 
 
好きじゃない物や
使いにくい物に囲まれて
生活は輝くでしょうか?
私は気持ちよく楽しく生きたいから
物の背景よりも
自分の気持ちを大事にしたい。
 
 
こう思ってます♡
 
 
最近だと
頂き物のノリタケの皿を手放しました。
 
 
このノリタケの皿
きっと高額なんだろうけど
 
 
1年のあいだ、使ったのは
たった2.3回だけです。
この金縁に負けないレベルの
料理を作るスキルが
私には無かったんですよね〜・苦笑
 
 
きっと残していても
奥に追いやられ
いつのまにかボロボロになるのが目に見えているから
市の食器市に出すことにしました。
 

ものは保管しているうちにも
劣化するのよ〜
 
 
おかげさまで収納の面でも
 
 
あまり好きじゃなかった
ダイソーのファイルボックスを減らし
無印オンリーにすることが出来ました。
無印のファイルボックスだけだと
倒れてくることもないし
ビシッと整うんだよなぁ〜


こんな感じで
私は前向きに断捨離を楽しんでます♡
 
 
✳︎
 
 
ここからが今日の本題です。
 
 
先日
「モノの取捨選択を先延ばしにしたら
大変なことになった!!」
という
友達Aさんの話が転がり込んできました。
 

Aさんが何をやらかしたのか
端的に言いますと
 

実家を
物置化してた。


↓ ↓ ↓ ↓

【詳細】

●いらないものや処分の仕方がわからないものを「使えるから」と実家に送る。
●もう一度使えるかもしれないと悩んだものを実家に送る。
●学生時代のものは思い出があるから、と教科書から作品まで沢山保管。
 
 
Aさんはとある事情で離婚ハートブレイクしたので、実家に舞い戻ってきたのですが
 
 
まさか自室が
こんなことになっているとは…。
「今使いたいものが
押入れに入らないじゃないのー!!」


母親に
「なんでこんなにぐちゃぐちゃなの?」
と聞いたら


一応置いといてって言ったじゃないの!!ムカムカ


滝汗ヒィ


結局
今現在、必死に片付けているそうです。
先延ばしにしてきた「取捨選択」のツケが大量に振りかかってきた訳ですね…



そもそも
成人した子供が
いつまでも親に
自分のモノの管理をさせる。
 
 
これ上差し
よくよく考えたら変な話ですよね。
 
 
成人し独り立ちしたなら
ものの管理も独り立ちせなあかんのでは!?と、
私は思います。

 
「実家に不要品を送って
前の家が綺麗〜〜ってなってたけど
後々、しっぺ返しみたいに来るんやなぁ」
Aさんの言葉です!!
ネタ提供ありがとう。


ちなみに、
うちの母も御多分に洩れず
実家に物を置きっぱなしのタイプでした。


寝たきりになった祖母が
老人ホームに入って家を手放す、
と決断したとき
うちの母は祖母と自分の大量の持ち物と対峙する羽目になりました。


なんと、この片付けには
5年を要したんですよね…

毎月毎月 愛知⇄三重
地獄の往復でした
これは祖母も悪いんだけどね。


私も読者さんも
こうならないようにしたいですね滝汗


自分のものは自分で管理。
始末も自分でつけようぜ〜〜パー


それではまたね。
 
 
アメブロ
読者登録してくれたら嬉しいです♡♡


にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ

 
撒きちらす娘に愛の\喝/を
よろしくお願いします♡