Question; 
 日本人が「交渉下手」の理由として、どんな国民性が挙げられますか?

Answer;
 それは「農耕民族」だったことです。農耕民族として醸成されたの国民性も「交渉下手」に大きく起因しています。

 

 「農耕民族」は、土地に根を下ろし、コツコツと米をつくるため「ムラ社会」を形成し、互助的な共同生活をしたわけです。

 

 それにより「協調性が高い」「勤勉」「真面目」「礼儀正しい」「親切」などの、世界から高く評価されている「国民性」ができ上がりました。

 

 一方「ムラ社会」は「秩序維持」のため「規律や掟」が重視され、「ムラ長(おさ)」を頂点とする厳しい上下関係ができました。

 

 それにより、「出る杭は打たれる」「長い物には巻かれよ」などの多くの「ことわざ」があるように「村八分になる」ことを極端に恐れたわけです。

 

 そのため、「自己主張しない」「NO!を言わない」「上には逆らわない」という日本人特有の「国民性」も醸成されました。

 

 この国民性が「日本人は交渉下手」とか「交渉が苦手」を生み出
す理由の一つです。
    
 それでは、どうすれば「交渉が上手くなる」かですが、まず「要求ごとは必ず口に出す」ことを習慣にしてください。これが、交渉の第一歩だからです。 

    

 日本人の国民性で「どうせ言ってもダメだろう」とか「断られると
恥ずかしい」ということで、要求ごとを口にしない人を多く見かけます。

 

 しかし、ビジネスでは「要求ごとは口に出さない限り、相手は何もしてくれない」ということを肝に銘じてください。

 

 そこで、これからは「まあ、いいか」と自分でNO!を出さないで、
「要求ごとは必ず口に出す」ようにしてください。

 

 要求すれば、相手が譲ってくれることが必ずありますよ。