Question; 
 「ピグマリオン効果」で、部下を褒めると良いと教えてもらいましたが、

今更、褒めるのは白々しい関係の部下には、どうすれば良いですか?

Answer;
 確かに、今までほとんど褒めたことがなく、あなたに対して反抗的な部下
に対して「今更、面と向かって褒められない」というのも理解できます。

 その場合は「ウィンザー効果」を活用してください。

 「ウィンザー効果」とは、面と向かって相手を褒めるのではなく、間接的
に、第三者を使って褒めることにより、自分に対する意識を一気に逆転させ
る方法です。

 つまり、第三者を介した情報、噂話の方が、直接言われるよりも効果が
大きくなるという心理効果のことです。

 「課長がお前のことを褒めてたぞ。この前のプレゼンテーションは、想像
以上に良かったってよ」

 「そうですか!あの課長が自分のことを褒めてくれるなんて、信じられま
せん」

 「お前、すごいよ。俺なんか、あの課長の部下になって7年になるけど、
今までに褒められたことなんか、ほとんどないんだぜ」

 「そうなんですか・・」

 ちなみに「ウィンザー」とは、ミステリー小説「伯爵夫人はスパイ」に
登場するウィンザー伯爵夫人の名前です。

 伯爵夫人が小説の中で『第三者の褒め言葉が、どんな時でも一番効果が
あるのよ。忘れないでね』と言ったことからこう呼ばれるようになりました。