本と花を買いに、カプリの街へあがる  [海抜ヒトケタメートルで過ごすカプリの一週間] | 【彼女の恋した南イタリア】 - diario カプリ島・アマルフィ海岸・ポジターノ イタリアリゾート最新情報    

【彼女の恋した南イタリア】 - diario カプリ島・アマルフィ海岸・ポジターノ イタリアリゾート最新情報    

南イタリア アマルフィ海岸 ポジターノ、ラヴェッロ、カプリ。陽光輝く地中海、憧れのリゾートの最新情報を毎日お届け!観光、ホテル、イヴェント、歴史、旅のアドヴァイスから音楽まで。イタリアリゾート旅行専門のCapriBlueが笑顔で送るオフィシャルブログです。


テーマ:

こんにちは

 

 カプリブルーのジーノです。

 

 先日、

 

 海抜ヒトケタメートルで過ごすカプリの一週間

 

 

  というお話を少ししましたけれど

 

   それからいろいろ考えていてふと思ったのが

 

  あー のんびり一週間となると

 

   本と花とかは欲しくなるかもなー

 

   なんてことです。

 

 

    これは、ちょっと 海に近い場所でなんとかするのは難しそう。

 

     (まあ、テはあるのですが)

 

 

    そこで、じゃあ ちょっとくら 丘の上に行きますか!

 

    ということで

 

     タイトルの  本と花を買いにカプリの街にあがる

 

 

    となるわけです。

 

 

    カプリの本屋さんならここ。

 

 

 La Conchglia

 

 小広場からボッテゲ通り (Via Le Botteghe)の細道をちょっと入った右手

 

  ちょっとしたパティオのような空間のそばにお店があります。

 

 

 

 

  ここ、自社ブランド (レーベル) でカプリ島に関連する書籍を

 

    かなり幅広い分野に渡って出版していて、

 

  そのコレクション をいろいろ 探せます。

 

    とにかく カプリ、カプリ、カプリ

 

  カプリ島に来て、 この島が好きになっちゃった あなたには

 

   欲しくなる本がいろいろ見つかるハズ。

 

   イタリア語で読むのに自信ある! というあなたは

 

    カプリ島にまつわる物語を選んでもいいですし、

 

    いやそれはちょっと  というあなたは

 

    カプリの歴史やイヴェント、風景などの 

 

    絵や写真多めの一冊を選ぶのがいいですね。

 

 

    そうだ、あと お花 

 

         本屋さんからはちょっと歩きますが、

 

    島の東南端へと続く気持ちのいい遊歩道

 

     トラガーラ通り (Via Tragara)の入り口に

 

    その名も CapriFlor というお店があります。

 

 

  

 

  

    カプリでもかなーり老舗のお花屋さん。

 

     お気に入りの季節の花を見つけてくださいね。

 

     あー あとは お花はホテルで頼んじゃう、っていうテもね。

 

 

   そうそう、 ”海抜ヒトケタメートルで” 過ごす

 

    のがもともとのテーマですから、

 

    これは、あくまで 特例です。

 

   用事が済んだら 海へと帰りましょう。

 

 

 

    くれぐれも 道々 素敵なウインドウ や

 

  

 

 

   おいしそうなよい香りに誘われて

 

  

 

 

     ふらふらーっと 

 

 

   なんてことがないように!

 

 

       素敵な宵を

 

   ジーノでした。

 

 

  

Gino - イタリアリゾートコンシェルジュさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。