「手抜き」と「お手伝い」 | "かのかな" の 電光一閃!『臥龍八卦』

"かのかな" の 電光一閃!『臥龍八卦』

こんにちわ花野夏菜(かのかな)です。八卦を使います。皆様の悩んでる事、決められない事。
私が一発で「あなたの最善の道をご提案」いたします。どうぞご相談ください!

みなさんこんにちわ!
かのかな(花野夏菜)です!

遅ればせながら。
藤井聡太七段が、先月に棋聖、こないだは王位と次々とタイトルを獲得し、八段昇格しました。おめでとうございます!
(※タイトル2つ獲ると八段昇格、その後ノンタイトルになっても現状八段です。)

 

実は。父が将棋が強くて。カナも昔、父から教わりました。
あんまり強くて。「パパ、将棋(アマチュア)何段?」と聞くと。

「ん?大学時代にアマ三段持ってたヤツと友達になって。そいつは『初段の力はある』と言ってたけど。実際今、初段位獲得戦に出て指すと、この辺の伸び盛りの小学生に転がされるだろうね。その子らが1級だから、アマチュア1.5級が妥当な線だろうなアッハッハ。」と。
でも叔父さんから話を聞いたら
「アニキは昔、将棋クラブの部長だったんだよ。」と。
「ハズいこと言うな(笑)トーナメントとかリーグ戦作ってやらせるのが好きで運営やってただけ(笑)」
「・・・とか言いながら、3回トーナメントで優勝したんだよ、この悪いおじさんは(笑)」
「さすがにキミら一般の小学生には簡単には負けんよ。こっちは初段位獲得戦大会に参加してるんだから(笑)」

お正月の話なのですが。
そのパパと、私のいとこにあたる叔父さんの息子さんが将棋を指しました。

「アニキ、よろしく指導してやってくれ。」と。
「ん?で、何枚落とせばいいの?」
「そうだな・・・アニキの棋力を考えたら金銀歩だけだな(笑)」
「飛車角桂香6枚落とせとな?(笑)というかコマ落として将棋指したことないんだが(笑)待て。10分時間をくれ。コマ落ちの定石ネットで勉強してきてからな(笑)」
対局開始です。

カナがこう言うのもなんですが。
パパは「受けるのが滅法うまい」です。受ける時は惜しげもなく駒を投入していきます。パパ曰くは

「将棋も麻雀も『堅守速攻』なんだよ。野球でもサッカーでも言うだろ?『よい守りが、攻撃のリズムを作る』って。」
「でもパパ、守るのにコマ使い過ぎじゃない?」
「ん?ああ。『攻め込むのは、簡単』だから。あるコマ使えばいいのアッハッハ。」

1回戦目はパパの圧勝。

「将棋というのは飛車角を大駒と言ってな。縦横無尽に駆け回れる駒だから。
『縦横無尽に駆け回れるように、通り道を常に開けることを意識』して。さぁもうひと勝負。」

今度は大丈夫のようです。

「おう。危なかったがよく詰めたな。ヨシヨシ。。」
対局中、パパがいとこに面白いこと言ってました。
「お手伝いって、どう思う?」「手抜きってどう思う?」
「お手伝いは全部いいこと?手抜きは全部悪いこと、かな?」


「キミのパパもおっさんと一緒に将棋や麻雀やってるから知ってると思うんだけど。将棋でも麻雀でも、あとおっさんは碁は嗜まないけど多分碁もそうだろうけど。
こういう勝負事というのは
『お手伝い』というのはしてはいけない。『手抜き』をする。これができて一人前。

「どういうこと?」いとこが怪訝そうな顔をします。
「たとえば。目の前でコマがぶつかって交換する場面があるとするよね?それを取ってもいいかどうか?」
「?????」
「コマがぶつかって。取れる場面だと取りたくなるのが人間の性。でも。たとえばそこで銀を交換することになったとして。相手に持ち駒として銀を渡したら、その銀を王様の横に打たれた! なんてことが将棋では多々ある。」
「交換することでその駒が痛い所に打たれるような交換をするようなことを『(相手の)お手伝い』の手、という。」
「こんな時どうするか? コマがぶつかって取れるけれど、あえて取らない。これを『手抜き』の手、という。これがわかれば将棋は強くなるぞー。」


なにはともあれ。藤井新王位、八段昇格おめでとうございます!
パパが言うには、藤井新王位は現在将棋界では若干18歳にして『序列4位』だそうです。
(※渡辺新名人、豊島竜王、永瀬二冠の次。羽生永世七冠が序列5位)

「『神武以来(このかた)の天才』越えちゃったねぇ。。これからどんどん化け物になるぞー♪」

パパも感心してます。そのパパがこの場を借りて一言言いたいことがあるそうで。
「カナあのな。ひふみんはゆるキャラじゃない。加藤一二三先生と言えば"棒銀戦法"。
パパも加藤先生の棒銀から将棋を覚えたんだ。お前にも昔、棒銀から教えたはずだぞ?」


ブログランキング参加中です!
おもしろかったらバナーをポチリと押してしてくださいお願いします!
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い師へ
にほんブログ村

人気ブログランキング