【カナの八卦実占例:番外編その2】「動かざること山の如し」 | "かのかな" の 電光一閃!『臥龍八卦』
新型コロナウイルスに関する情報について

"かのかな" の 電光一閃!『臥龍八卦』

こんにちわ花野夏菜(かのかな)です。八卦を使います。皆様の悩んでる事、決められない事。
私が一発で「あなたの最善の道をご提案」いたします。どうぞご相談ください!

みなさんこんにちわ!
かのかな(花野夏菜)です!

世の中がコロナで外出がでなかなかできない、ということもあって。
こないだも書いたのですが。とにかく家庭内、特に嫁姑問題の依頼がよく来てますね。
その中で「すごい!当たってます!!」と言われた件をご紹介しますね。
ご相談内容は「トメに敬遠されてる気がするのですがなぜですか?」というものでした。

早速卦を立てます。地山謙の上爻でした。また山の卦です。しかもダブルで。。。

あいにくレポ-トはここではお出しできませんが。一言で言うと
。。
「大変失礼かとは思うのですが、今まで随分わがままやってこられたのではないですか?」と。
なんかピンとこなかったようでしたので、その後にもう一言。

「トメさん、今までずっと我慢黙認してたけれど。とうとう堪忍袋の緒が切れて、めちゃめちゃ怒ってますよ。」
言われてハッと気づいたようです。
地山謙の卦については以前も
ここでも触れました。
卦の解釈的に言うと「謙虚に進めて行けば成功するよ。」なのですが。
「電光一閃!」でバッサリ斬り込むと。
「謙虚に進めないと、成功しないですよ。」なんです
そして。前回の卦と違うのは、上卦が坤から艮になっていること。
自分ではなく、相手が態度を硬化させたのです。
その結果
「トメさんを怒らせ、結果として上手くやってた物事ができなくなってしまったんですよ。」と。
話を詳しく聞いたら。どうやらお友達とのランチの度に、お舅さんからお小遣いをもらっていたそうです。


艮為山という卦は、上も下も艮、つまり「双方とも山」です。
自分はなんとかして相手を動かしたい、そう思ってこれまでも動かしてきたのですが。

山、動かせますか?


山というのは「動かない」のです。『動かざること、山の如し』という言葉があるくらいです。
相手は当初は坤でした。随分黙ってお客様の振舞いを我慢、黙認されていたのではないかと思います。
しかしお客様はそれに気づいていなかった。そうしているうちに相手の我慢が限界に達した。山になった。
幸いお客様もそれで何かに気づいたようです。
あとは『処方箋』をお出しするのみ。相応の時間はかかるとは思いますが、乗り切れる処方はしました。


これが今回の私かのかなの占断でした。
最近本当に、艮(山)の卦ばかり出ますね。
コロナの影響で、一人一人がギスギスしてる気がします。


鑑定相談依頼は こちら (カナのトリセツ)をお読みになってからがいいと思います。
依頼内容に対しては、こういうレポートをPDFファイル形式で結果をお渡しいたします。
相談内容に応じて文字数は変わると思いますが、専用便箋3枚分(1枚約800字)、トータル2000~2200字程度での内容を現在想定しています。(※その文字数で説明できないようであれば、極力理解していただけるような説明を書き、いくらでも文字数が増えますが。)


ただいまブログランキング参加中です!

おもしろかったらバナーを
ポチリと押してしてくださいお願いします!
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い師へ
にほんブログ村

人気ブログランキング