意外と知らない助成金の話 | 小さなサロンのつくり方 向井邦雄 「ふかのうなんてないんだよ」

小さなサロンのつくり方 向井邦雄 「ふかのうなんてないんだよ」

ベストセラー『お客様がずっと通いたくなる小さなサロンのつくり方』の著者。
4年で売上7.5倍、リピート率9割のサロンオーナー&コンサルタント【 向井邦雄 】がお贈りする、日本中のサロンを元気にするブログ。

こんにちは。かのう兄弟です。

今日は、

もし知らなかったら200万円損した、、、という助成金にまつわるお話です。


そして私の過去のお話も・・・



読者になる


゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚





私がお店を始めたきっかけは、

実は、

当時勤めていた会社が倒産したからなんです。


失業保険で半年ほど暮らしていました。



年齢も結構行っていましたし、どんな仕事に就こうかずっと考えていました。





で、


今さら人の下で働きたくない。


貯金も退職金もある。


自分にはもっと可能性が有るはずだ。



などとあれこれ考えた結果、当時バリバリに働いていた妻を巻き込んで二人でお店を始めることになったのです。


当然、

自分でお店を開くなんていう経験は皆無でしたから、最初はひどいもんでした。


2ヶ月間は知り合いしか来店しませんでした。



その上、調子に乗って初期費用に何百万も掛けたもんですから、あっという間に貯金は底を突きました。。




妻は元々、お店を出す事に乗り気ではなく、強引に私が巻き込んだ形でしたから、毎日もう、夫婦喧嘩ばかり。

いつお店を畳もうか、そればかり考えていました。

銀行というのは、上り調子のお店にはお金を借りろ借りろとうるさいくせに、開業したて、業績の悪いお店には本当に冷たいんですね。。


本気で、お店を買い取ってくれる人を探すために、いくつかの会社に登録していたぐらいです。



でも、900万掛けて作ったお店を、引き渡す時の値段、ご存知ですか?




0円です。






実際、賃貸物件の場合、引き払うには、元に戻したりする工事や手続きなどで、逆に何十万もお金が掛かります。

その分が掛からずに済むから、0円でも文句は言えないのでしょうが、、あまりにもむごい話です。



今辞めても、大量の借金だけが残る、、、。


どうしたらいいのか、、、毎日毎日悩んでいました。。







そんな時、近所のお店の人が私に訊いてきたんです。

「ハローワークの助成金もらいました?」って。



???なんですかそれ???




いろいろ調べてみたら


受給資格者創業支援助成金

という制度があり、失業保険を貰っていた人が自分でお店や事業を始めた場合は、条件によっては最大で200万円の助成金が出るというのです。


助成金。。。貸してくれるのではなく、貰えるのですよ。。



ハローワークの人は、何も教えてくれませんでした。

お役所って、そういうところなのでしょうか、、、





急いで手続きをして、書類を書いて、あれこれ条件が厳しかったですが強引にねじ込んで、


何とか無事、ほぼ満額を受け取る事ができました。




この当時の200万は大きかったです、、、。



たったひとつの情報を知っているか知らないかだけで、これほどの差があったのです。




皆さんも情報には敏感になっておいた方が良いです。。





これからお店を始めようと思っていらっしゃる方で

今失業者の方。


お店を始めて間もない方で

お店を始める前は失業者だった方。


ぜひぜひ、ハローワークに問い合わせてみてください。




国や市は、小さなお店や会社を応援してくれる制度を用意してくれている事が多いです。

無料で経営相談に乗ってくれる場合もあります。

(売上UPには役に立たないかも知れませんが、)

融資制度や助成金などに関しては、とても役に立つ場合があります。



ぜひ、そういったことも色々調べて、相談に行かれると良いと思います。




それではパー