店舗運営のコツ(基礎編) ~価格設定~ | 小さなサロンのつくり方 向井邦雄 「ふかのうなんてないんだよ」

小さなサロンのつくり方 向井邦雄 「ふかのうなんてないんだよ」

ベストセラー『お客様がずっと通いたくなる小さなサロンのつくり方』の著者。
4年で売上7.5倍、リピート率9割のサロンオーナー&コンサルタント【 向井邦雄 】がお贈りする、日本中のサロンを元気にするブログ。

読者になる

こんにちは。徹夜明け、かのう兄弟ですドクロ
【 読者になる 】ボタンを付けてみましたが、これで合っていますかね、、、??
間違っていたら教えてください。
・・・というか、読者登録できるかどうか確認してみて下さい(笑)ニコニコ

さて、今日は店に泊まりこみだったので、仕事が始まる前に更新しちゃいます。

お店をオープンする前の、一番と言っていい程の大仕事です♪
ではどうぞパー


゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚




価格設定


どんなお店を始めるにあたっても、まずメニューを決めなければなりません。。

でも、そのお店を始めたくて勉強してきたわけですから、やりたいメニューはだいたい決まっていますよね。


初めは、メニューの数は少なくていいと思います。

あまり多いと管理が大変ですし、少しずつ増やしていった方がお客様も飽きずに喜んで下さることが多いです。

私のお店はオープンして4年目、未だに毎月のように新しいメニューを導入しています。(やりすぎかもしれませんが、、、)


サロンの場合でしたら、最初は〔フェイシャルだけ〕とかで全然構わないのです。

もちろん、その場合も売り方(キャッチコピー)が大事になってきます。

『 フェイシャルにとことんこだわり抜いたサロン 』というのを売り文句としてアピールすると良いでしょう。



さあ、メニューが絞り込めたら、次は価格決めです。。。

これが、、、難しい、、、、。


まずはじっくり、近隣の同じぐらいの規模の店の、同じ種類のメニューの価格帯を調査してみましょう。

これは、インターネットでも調べられます。(もちろん、本当の手の内を見せないお店もありますが。。)

いろいろ価格にも開きがあると思います。

その開きはどこから来るのか、理由を探っておくとより良いです。


だいたいの相場が分かったら、それを自分の店のメニューに当てはめていくのですが、、

ここで、注意点。。


『 あなたが今思い描いている価格、、、それでは安いです。 』


その価格の、1,2倍~2倍ぐらいで良いです。

近隣店より高めで良いのです。



ほとんどの人が初めて店を始める場合、価格を安く設定してしまいます。理由としては、

まず、

・自信が無いこと。

・安い方がお客様が入りやすいだろうと思っていること。

そして、

間違った良心。。

が挙げられます。



順番に解説します。


当然、初めてなので自信がないのは分かります。でも、自信が無いのでしたらとことん練習や勉強をし、それに見合ったレベルまで自分を上げようという覚悟が大切です。

決して自分を安売りしてはいけません。安売りした時点で、あなたの向上心は止まってしまうと考えた方が良いでしょう。



次に、安い方が人は入りやすいか、、。

これは多くの場合はそうかもしれませんが、それと同時に全く逆の価値観の方もいらっしゃいます。

安いと不安をおぼえる人です。


この間相談に来られた整体の先生は、60分3000円で治療していましたがさっぱりお客様が来ません。

技術もかなり良いです。相当安いのにも係わらず一向にお客様は増えません。

どうしたら良いかというので、私は、「価格を倍にしてください。」と提案しました。

「ますますお客様が来なくなりますよ!!潰す気ですか??」と言われましたが、結果、来客数は倍に増えたのです。


例えば、ダイヤの指輪が5000円で売っていたら、絶対ニセモノだと思いますよね。

また、どんなに良い洋服でも、定価があまりに安いと着たくないと思います。

「あの人、あんな安い服着てる」って思われたくないからです。


私も100円ショップというものが大っ嫌いなのですが、、『 安かろう悪かろう 』という考えは、やはり確実に存在するのです。



最後の『 間違った良心 』ですが、これは、いっぱいお金を頂くことを悪い事だと、無意識に思ってしまっていることです。

お金を稼ぎたいのに、そのために起業したり独立したりしたはずなのに、、

心のどこかで、「お金儲けをすることは悪い事だ」と思ってしまっている。


これが、自然に成功へのブレーキを踏んでしまいます


そんな時、さらに、お客様にも言われるのです。

「この店は安いのが魅力よねー。」

「どこそこのお店はお金儲け主義に走ってしまったから行くのやめたわ。」


私も、オープン当初はこの言葉を真に受けていました。でも、これはまやかしだと、いつか気付きます。

このあたりの内容は過激になって参りますので、いずれブログではない別の形でお話ししたいと思います。


考えてみてください。

あなたのお店は、あなたの夢、理想です。

お店が大きくなればスタッフも増えるでしょう。

たくさんのお客様に愛されるでしょう。


でも、そのお店が潰れてしまったら。。


最終的に悲しむのは、お客様なのです。



゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚




さて、こうは言っても価格を決めるのはとても難しいもの。。

後になってこうしておけばよかった、、というのは必ず出てきます。


次回は、そうなった時のスムーズな価格変更の仕方をお伝えしますね。


それではまたパー




ペタしてね


ペタ

読者登録

コメントが

徹夜の私を支えています。ドクロ


どうぞよろしくお願い致します(T▽T;)