店舗運営のコツ(基礎編) ~入れたら損??~ | 小さなサロンのつくり方 向井邦雄 「ふかのうなんてないんだよ」

小さなサロンのつくり方 向井邦雄 「ふかのうなんてないんだよ」

ベストセラー『お客様がずっと通いたくなる小さなサロンのつくり方』の著者。
4年で売上7.5倍、リピート率9割のサロンオーナー&コンサルタント【 向井邦雄 】がお贈りする、日本中のサロンを元気にするブログ。

こんにちは。今日もメラメラ燃えています。かのう兄弟ですパー

さて、2回連続で運営のコツをお話ししましたので

おまけでもうひとつお伝えしますね。


゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚



入れたら損??


どこのお店のチラシを見てもまず入っているもの

それは【 割引券 】。

或いは、割引券だけを配っているお店さえあります。


昨日お話した、チラシに入れるものの4つ目は実はこの割引券なのですが、

これは入れる前にじっくり考えた方が良いです



例えばあなたが駅前を歩いている時に、あるお店の割引券を貰いました。

「 よし、行こう! 」と即決しますか?


多分、そのまま財布にしまいっぱなしで忘れてしまうか、たまたま行きたいと思ったときに思い出して使うか、仮にそれを貰ったことでその店に行くきっかけになったとしても、それは・・・

割引券が有ったから店に行った。 』ということになります。

逆に言うと、割引券がなければ店に行かない。。ということでもあります。



世の中には『 クーポン誌 』という、割引き専門の雑誌があります。

私も時々、クーポン誌をチェックしますが、毎月毎月、何年も、掲載し続けているお店があると、ちょっと悲しい気持ちになります。

私のお店も実は、オープン当初に超有名なクーポン誌に掲載しました。

まだ、経営のノウハウも何も知らない頃です。

【オープン記念!!オール半額!!!】

すごい反響でした。スタッフの身体が壊れそうなぐらい、連日満員でした。


でも、、、、


そこから、リピーターになったお客様はわずかでした


私の店は、今ではリピート率90%ぐらい、当時でも60%ぐらいはあったんですね。

でも、、、クーポン誌で来られて残った方は、、、1割以下。。



これは後々話していきますが、お店の利益を安定させるには、リピート客、固定客をいかに掴むかが大事になってきます。

でも、割引きで来店したお客様は実は、安いから来店しただけであって、お店が気に入って来ている訳ではないんですね。他に安い店があればすぐにそちらに移っていきます


そうかと思えば、、、


「 値段などまったく気にしない 」という方がいらっしゃるのも事実です。

何日か前の記事でも書きましたが、初めてのご来店でいきなり32万分も買っていくような方も、世の中にはいらっしゃるのです。(ああ、、これはこれで話しが長くなるのでまた後日話しますね、、、)



そこで考えて欲しいのが、

安いから来店して、後に続かない人〕と

値段は気にしなくて、店が気に入ればずっと継続して来て下さる方〕の

どちらに来店して欲しいか、なんです。


当店では今、集客のための宣伝広告費は、ほとんど掛けていません。

インターネットのポータルサイト、月7000円ぐらいです。

ホームページも自分で作っているのでタダ、

チラシも自分で作っているのでタダ、

リピートの方とクチコミでほぼ連日予約が埋まっている状態です。



一方、有名なクーポン誌は、掲載料月90000円ほど掛かります。

リピートしない人がほとんどなので、翌月も広告を出して新規客を集めます。

またもやリピートしないので、翌月も翌々月もずっと90000円払い続けます。。



たった一枚の割引券ではありますが、

長い目で見るととてつもない好循環や悪循環に繋がっていきます。


ですので、出来る限り、割引券なしで集客に繋がるように、考えた方が良いのです。




ただ、どうしても単価の高いお店や、店内が見えづらく敷居の高いお店などは、ある程度初回来店をしやすくしなくてはならない場合もあります。


どうしても割引きをしなくてはならない場合、、、


 ●割引金額は小さめに。。(確実に利益が取れる額か、最悪でもその金額でギリギリ赤字にならない程度)

 ●〔○○パーセントオフ!〕 よりも 〔○○オフ!〕 の方が効果的

 ●〔割引券〕よりも、〔金券〕とした方が、お客様は 「 使わなきゃ 」 という気になる


という法則をおぼえておくと、より効果的な使い方ができます。



最後に、、


割引券(割引き金券)を入れる場合、なるべく目立たないように入れること。


よく、【どうだ!!】と言わんばかりに割引きをアピールしている場合がありますが、上記のような理由から、割引券目当ての人にはなるべくチラシを持っていって欲しくないのです。

チラシを持っていってもらうのが目的ではなく、来店して固定客になって頂くのが目的ですから、


手紙やプロフィールなどでしっかりと店の良さを理解して頂いた上で、


「よくよく見たらこんな所に割引券が・・・」

ぐらいがちょうどいいです。


「良さそうな店だけどどうしようかなー??」と迷われている時に、そっと後ろから押してくれるくらいの存在。。

割引券を入れるなら、それを意識して行なうと良いでしょう。



゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚




すみません、、今回もすっかり長くなってしまいました。。。

最後まで読んでいただいた方、本当にありがとうございますドキドキ


それでは、また次回パー







・・・あ!



よろしければペタ&読者登録も

ぜひぜひお願いしますねラブラブ



ペタしてね