店舗運営のコツ(基礎編) ~チラシ=ラブレター~ | 小さなサロンのつくり方 向井邦雄 「ふかのうなんてないんだよ」

小さなサロンのつくり方 向井邦雄 「ふかのうなんてないんだよ」

ベストセラー『お客様がずっと通いたくなる小さなサロンのつくり方』の著者。
4年で売上7.5倍、リピート率9割のサロンオーナー&コンサルタント【 向井邦雄 】がお贈りする、日本中のサロンを元気にするブログ。

こんにちは。かのう兄弟です。

本日は、昨日の続きですパー

昨日の看板の話は、コメントやメッセージなどで予想以上の反響を頂き、とても嬉しく思います♪

本日もがんばっちゃいますグッド!


゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚


チラシ = ラブレター


さて、看板の下に添えておくチラシの内容。。

もちろん店がオープンした後も、店頭に置いておいたり、ポスティングに使ったり、駅前で配ったりと、常に活躍するのがチラシです。私達の間では『 配布メニュー 』と読んでいますが、

この配布メニューも、ちょっとしたコツを覚えるだけでかなりの反応を得る事ができます。


街を歩いている時に、よく他のお店のチラシを貰ったりするのですが、意外や意外、非常にもったいない事になっている場合が多いです。



まず、根本的に紙は一枚ではダメです。

人というのは不思議なもので、「中を覗きたい。」、「次を見たい。」という心理を持っています。

1枚だけだと、ひと目見て捨ててしまう場合が多いですが、2枚、3枚とあると何故かめくってしまうんです。


ですので、複数枚を透明のPP袋に入れるという形が良いです。



次に、書く内容です。


1枚目は無難に店舗の情報を載せましょう。綺麗な内装の写真や店名、電話番号、HPやメールアドレス、サービス内容、その店のウリになること等々。分かりやすく、派手になり過ぎないようにイメージカラーを決めて書くと良いでしょう。  (イメージカラーやデザインに関しては今回は省略しますね。)


さあ、2枚目が肝心です!・・・何だと思いますか?

オーナーやスタッフの顔写真を載せるのです。

「ヒャー恥ずかしい、、」とか「ストーカーが心配、、」とか言わないで下さいね!(´Д`;)。

とかくお客様にとっては、初めてのお店というのは入りづらいものです。

しっかりと笑顔の写真を載せて、プロフィールを載せておくことで、初めての人でも急に親近感がわくんですね。

最近、ブランディングという言葉がよく聞かれるようになりましたが、まさにスタッフをブランド化するわけです。


またこれは、写真を載せることによってお客様との距離が近くなり、スタッフのモチベーションが上がるという相乗効果もあります。

まだ載せていないというお店の方は、やってみると本当にその効果に驚きますよ。



さてさて、3枚目はもっと重要です。


なんと・・・【手書きのラブレター】です。


もちろん、、、数百枚も数千枚も手書きで書くのは難しいでしょうから、手書きで書いたものをコピーして入れます。

最近の人々は、活字の広告に見慣れています。むしろ見飽きています。活字では心に引っ掛かりにくいのです。

そこに手書きの手紙を入れると、「?」という気持ちになります。引きこまれるのです。


恐らく、3枚目に入れておいても、多くの人はその手紙を最初にじっくり読むことでしょう。。。

それぐらい手書きの力はすごいです。


そのラブレターには、オーナーの思いのたけをぶつけましょう!

なぜその店を始めようと思ったのか、店を始めるまでどんな苦労やドラマがあったのか、どんな想いでお客様を迎えるのか、、。


私は、お客様は恋人だと思っています。

自分の恋人に喜んで貰いたくて、サプライズや感動を用意する。。。

そんな思いで、同じようにお客様に接するのです。



当店では、接客に感動して涙を流されるお客様や、わざわざお手紙を下さるお客様もよくいらっしゃいます。

その、感動的なお客様との関係への第一歩は、この初めのチラシの時点で始まっているのです。。




・・・以上、、ここまでの3点を入れることで、チラシの反応率は本当に大きく違ってくると思います。

実際私のお店では、この方法に変えて40倍ほどの集客に繋がりました。

どれもお金の掛かるものではないので、ぜひ試してみると良いですよ。





また、もうひとつ、、

さらに入れた方が良いような、入れない方が良いようなものがあるのですが、、、

かなり長くなりますので、また次の機会にお話ししますね。



・・・では、本日も長文にお付き合い下さりありがとうございました♪ <(_ _)>



ペタしてね


※昨日は、実に多くの方に読者登録を頂きました♪

本当にありがとうございます。


まだまだ募集中ですので

よろしくお願い申し上げます!!