マイナスをプラスに変える集客法 | 小さなサロンのつくり方 向井邦雄 「ふかのうなんてないんだよ」

小さなサロンのつくり方 向井邦雄 「ふかのうなんてないんだよ」

ベストセラー『お客様がずっと通いたくなる小さなサロンのつくり方』の著者。
4年で売上7.5倍、リピート率9割のサロンオーナー&コンサルタント【 向井邦雄 】がお贈りする、日本中のサロンを元気にするブログ。

こんにちは。

たくさんのコメントや読者登録ありがとうございます♪


本日も体重マイナス4kgキープです。

もう復食期間も終わり、普通の食事に戻しても良いのですが、

今月一杯は、肉抜き&普段の3分の1の量でがんばりますグー


さて、今日から定期的に

お店の売上を上げる為のちょっとしたコツを書いて行きたいと思います。

それでは、どうぞ。パー


★マイナスをプラスに変える集客法★


私の店は、主要駅から徒歩30分。とても歩いて来られる距離ではありません、、。

ですので駅まで車で送り迎えをしているのですが、当初はなかなか反応が良くありませんでした。

確かに、全く初めての店にいきなり車に乗せられて行くというのはとても勇気がいります。

当時のホームページや広告には

電車でお越しのお客様は駅まで車で送迎いたします。 』と載せていましたが、入客はなかなか増えません。。

「やっぱり駅から遠いのは不利なんだよなぁ。」というマイナスの気持ちが常に頭を支配していました汗


ところが、そこで発想の転換をしてみたのです。「送迎してくれるなんてお姫様気分ですね♪」というお客様からのひと言がきっかけでした。


その日から全ての公告関係の内容を変えることにしました。

送迎付きで優雅な気分に浸れるサロンです♪ 』と。

するといきなり予約の電話が殺到しはじめました。10倍以上の集客に繋がったのです。

変えたのは、たった一行の文章だけです。



ひとつの物事はいろいろな角度から捉える事ができます。

良い面もあれば悪い面もある。逆に言えば、どんなに悪いと思っていたことも必ず何かひとつは良い事があるのです。

大手のお店は、マイナスだと思えることはあまりやりません。

駅から離れた場所にサロンを作ろうという考え自体がありませんでした。

つまり、

送迎しているお店自体が、他にはない〔オンリーワン〕とも呼べる差別化に繋がったのです。



欠点だと思っていたことが実はチャームポイントだったりします。

欠点=他がやらない=他ではやっていない=うちでしかやっていない。ということでそれが売りになるからです。


今あなたのお店で「これのせいで店が良くないけれど変えられない。」ということがあったら、それを別の角度から見てみてください。

そしてその欠点をお店のチャームポイント、特徴、差別化として、大きくアピールしてみて下さい。


ちょっと発送を変えるだけで、マイナスがプラスになり、

劇的な変化につながることは多くあります。




ペタしてね