法定利率の引き下げ

テーマ:

今、法定利率はなんと年5%である。
利率の特約がない場合には5%となる。


30年前は確かにいい相場であった。
しかし今、0金利!と言われる時代にあって年5%は高すぎる。


この法定利率は民法で定められている。

民法は明治29年に公布され120年間ずっと年5%であった。
その民法の大型の改正が行われ、今年6月に公布された。

その中で法定利率が年3%に引き下げられた。

この改正が施行されるのは、公布の日から3年を超えない時期である。

 

しかし、それにしても遅いなぁ。
まだまだ高いなぁ。

 

 

──────────────────────────────────────


鹿野法律事務所オフィシャルBLOG-鹿野バナー

法律問題が生じたら、まずは当事務所の

弁護士にご相談ください。

鹿野・森田法律事務所

http://www.kano-lo.jp

──────────────────────────────────────