オンナは、そこに居るだけでオトコを癒す ♡ | 目覚めのとき

目覚めのとき

わたし と あなたの 目覚めを応援する


テーマ:

こんばんは。

 

ココロとカラダをやわらげる

 

やわらぎゆきこ です。

 

 

今日は銀耳ゆきさんのイベント

 

「えいんとしきゅうで軸を整える秘密の動きと舞のお稽古」

 

参加してきました。

 

 

と~~~っても気持ち良かったですよ~。

 

 

 

えいんとしきゅうとハートで

 

みんな一つに つながって、

 

 

みんなにすべてを与え

 

みんなからすべてを受け取り、

 

 

音楽と一つになって、ただ踊る。

 

 

 

ふわーっとまわったり

 

じだんだ踏んだり、

 

きゅぅっとちぢまったり

 

 

花のようにひらいたり、

 

キラキラとひかりになって動いたり、

 

 

お互いを感じ合いながら

 

交流しながら

 

名前もない おんなが舞う。

 

 

 

いつも動かない

 

ハートの裏側が動いて ひらいたら、

 

すっごく気持ち悪くなった。

 

 

 

頭が重たすぎて

 

気持ち悪い。

 

 

グェ~~~~・・・

 

頭って、こんなに重たかったっけ?

 

 

 

そんな時、ユキさんの言葉が聞こえた。

 

 

「頭が独り言を言って うるさい時は、

 

 そのうるささを下に降ろして

 

 あほになって踊りま~す。」

 

 

 

あぁ、頭が重いのは

 

ろくでもないことを考えているからだ。

 

 

 

その重さを下に降ろしながら

 

ただ踊る。

 

 

 

誰かに見せるためではなく。

 

音楽とみんなを感じながら

 

ただ踊る。


 

あぁ、たのしかったぁ~~~ヽ(^。^)ノ~~~♡

 

 

ユキさんが お話してくれる。

 

 

「オンナは ただソコに存在するだけで

 

 オトコを癒すの。

 

 何かをしなくても、

 

 ただ存在するだけで。

 

 

 

 いまオンナも、

 

 オトコと同じように働くようになってしまったけど、

 

 縄文時代や原始時代には

 

 

 オンナはいつも大地とつながって

 

 宇宙とつながって、

 

 木やほかの動物たちと交流し合っていた。」

 

 

 

頭を使う必要があるときには 

 

使える頭をもち (ココ、だいじ 笑)

 

 

その必要がない時には

 

あほらーっと世界と交流している。

 

そんなオンナに わたしはなりたい。

 

 

 

ユキさんに、またの開催をお願いしました。

 

記念撮影

 

 

***

 

今日も、わたしの物語を読んでくださって、

 

ありがとうございます。

 

やわらぎ ゆきこさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス