飼料稲  収穫作業(田園風景) | 観音池ポークのとんとんだより

飼料稲  収穫作業(田園風景)

先般 「稲穂もたわわに実ってきました」のタイトルで紹介しました作柄情報

 

 

 

 

写真奥の 「飼料稲」の収穫が 秋晴れも味方して  急ピッチで 進んでいます。

 

 

 

 

刈り取り  乾燥

 

 

 

 

 

刈った後、太陽が当たると 蒸せるような 青草の匂いがあたり一面に広がりますが、

 

日差しが強いので 2日もすると よく乾燥した良質な 「飼料稲」になり 

 

 

 

 

湿気が戻らないよう  「蜘蛛」が虫を捕えた時、糸でぐるぐる巻きにするように

 

梱包していきます。

 

 

 

 

 

牛の多頭化、専業化が進んで 大量の飼料のストックがされていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

畜産農家の皆さん お疲れ様でした。  ゆっくりと 「だれあめ」 して下さいね!