一千四百年の歴史  「石山観音寺」 | 観音池ポークのとんとんだより
新型コロナウイルスに関する情報について

一千四百年の歴史  「石山観音寺」

昔から 地域では 「安産の観音寺」 として 信仰されてきました。

 

 

私の お気に入りのパワースポット  まだまだ  知られていない存在ですが

 

  「イチオシ!」 の場所。

 

 

何回か ブログでも紹介してきましたが、コロナも収まりつつあり、自然豊か、

 

 「マイナスイオン」 たっぷりな所ですので 再度 案内します。

 

 

 

 

(石山観音寺)

 

 

 

 

 

 

 

 

門をくぐると、卵石が迎えてくれます。

 

 

 

 

 

 

 

直径 60㎝くらいから だんだんとあり 自然のなせる業に感心します。

 

 

 

参道を歩いていくと 観音像が並んで

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

神秘的

 

小川のせせらぎが聞こえ 別世界の様相となり、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鶴 (朽ち果てた幹) と    亀 (右横) に出会います。

 

 

 

 

 

 

階段を上って

 

 

 

 

 

 

   ゆっくりと歩いて 15分 くらいでしょうか?

 

 

本堂につきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

香を焚き お参りを済ませ 清々し気持ちの中

 

 来た道を降りました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

住職とお話させてもらい  夏に咲いた ハスの花の写真をいただきました。

 

 

 

 

 

 

 

近くに来られたら ぜひとも お立ち寄りください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 隣には 子供さんたちとの 体験教室

 

 

 陶芸工房 「幸の陶」も ございます。

 

 

家族連れ  友達と 思い出に残る オンリーワン作品を 作ってみてはいかがですか?

 

 

 

 

 

 

おまけ です。

 

 

1ヶ月後位を楽しみに、 期待してください。

 

今は、緑一色の 「イチョウ」   「もみじ」 の木  

 

 

 

 

 

(高城小学校 正門前)   

 

 

 

諏訪神社境内の大銀杏

 

 

 

 

 

観音池の紅葉秋

 

 

気温が下がってくると

 

(黄金色)  (真っ赤な紅葉色)

 

 

変身して 目を楽しませてくれるでしょう。