「手作りウインナー教室」 | 観音池ポークのとんとんだより
新型コロナウイルスに関する情報について

「手作りウインナー教室」

 

 「ウインナーソーセージ」とは?

牛肉、豚肉に豚の脂肪、調味料、香辛料を加えて作るソーセージ

 

 

 

 今回は「高城高校生活科1年40名の生徒さん」、「観音池ポーク」の肉で挑戦してもらいました。

 

 

実習紹介の前に補足説明

ウインナーの

肉を入れる袋(ケーシング)は細い羊の小腸を使い1本が5センチほどの長さ

 

発祥の地は、オーストラリアのウイーン 

 フランクフルトソ-セージはドイツのフランクフルトで豚の小腸を使っているとのこと

 

 

 

 

 

 

 

高校の

 調理実習室で、ミンチ肉に香辛料などを加え こねる作業から始まり

 

ウインナーメーカーで羊腸に充填 そのあと

 

 

自分たち好みの長さにひねりを入れ形を完成させました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鍋に80~90度のお湯を準備 20分ほど茹でます。

ゆであがったら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結び目をはさみで切り、美味しそうなウインナーの出来上がり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分たちの「オリジナルウインナー」 自信作

 

 「いただきます ごちそうさま」 感謝の気持ちで美味しそうに

ほうばっていました。