初春の久万林道! | YSP松山東、かんのぶのブログ

テーマ:

 

                        『初春の久万林道』

快晴の3月4日、延び延びになっていた林道ツーリングを行いました。

この日は気温も上がり、最高気温は4月中旬の20度近くになりそうです。

そんな最高の林道ツーリング日和に私の不注意で、途中からはみなさんにはたいへん迷惑をかけることになってしまい、本当に申し訳なく思っています。

(詳しくは最後の方に書いていますので、読んで下さい。)

 

今年最初の林道ツーリングということもあり、みなさん早目に集まって来ます。

 

ラリー仕様に変身した、リーダーのWR250Rと一緒に出発前の集合写真!

私はツーリング後に面河に帰る予定なので、軽トラにバイクを積み込み一足先に久万高原町に向かった為、集合写真にはおりません。 それともう一人!

 

ギリギリでやって来たSちゃん!危うく置いてきぼりになるところでした。

 

全員揃ったところで出発! このあと久万高原町のコンビニで高知のT師匠と合流予定です。

 

朝から気温も高いので、まったく寒くはありません! 最高のツーリング日和です!

 

いつものコンビニに10時前に到着! 休憩をして、水分補給もしておきます。

 

今年バイクを乗り換えた、長ちゃんのバイクが気になるようです。

 

その長ちゃんのバイクは、2ストのハスクバーナー!もちろんセル付きです!

軽いバイクが良いと乗り換えたのですが、燃費がちょっと問題のようです。

 

生産終了になったWR250R! リーダーとT師匠のツーショット!

2台ともゴールデンウイークに行われる、TBIに向けての、ラリー仕様に変身しています。

 

この日の最初の林道は、父二峰林道です。

 

ここまでの路面はマディではありましたが、雪はほとんどありませんでした。

 

昨年工事をしていた林道に入り、見晴らしのいい所で休憩です。

日当たりが良いのに、結構雪は残っていますね。

 

ポーズをとって遠くに見える山をバックに写真撮影!

 

この日は山の上でも、ジャケットを着て休憩をしていると暑いくらいです。

 

初めての林道!

どちらに行けば繋がっているのか探さなければなりませんが、日陰にはこんなに雪が残っています。

 

たかしくんも果敢に攻めるのですが、この辺りまでが限界!

 

車高の高いWRでも、スタンド無しで自立しています。

 

バックギアの無いバイクは、3人がかりでやっと救出です!

 

気を取り直して、別のルートにチャレンジです。

 

マディで雪も残り、こちらも難しいルートのようです。

 

軽いバイクが良いと言っていた長ちゃんは、その利点を生かし、少しづつ上って行きます。

 

最初に長ちゃんが頂上に到着! 

その後他のメンバーも到着したのですが、そこから先は進むのが難しいということであえなくUターン!

 

かっこよく下りて来た長ちゃん!

 

さすが役者!  ただでは終わらせません!

 

M瀬くんのWRも泥だらけ!

 

たかしくんのWRは、泥と雪が混ざり合って付いています。相当重くなっていそうです。

 

先に進めそうにないということで、仕方なく本線まで下りて、ほうじか峠を目指ことにします。

 

途中には雪や倒木もあり、いい汗を掻かしてくれます。

 

そんな中、崖落ちをやらかしてしまいました!

岩の上に落ちたところに、後からバイクが落ちて来て私に直撃、その後バイクは水没!

今回は相当やばいと、しばらく動けませんでした。

今こうしてブログが書けるようになったのも、これ位で済んで本当に運が良かった思っています。

 

愛車のWRはハンドルやメーター部分まで水没していたのですが、後ろを引っ張ってなんとかここまでは上げることができたのですが・・・・・・!

 

雪解け水の冷たい中、M瀬くんは腰まで水の中に入り、みんなでWRを出してくれました。

 

後はロープを引っ掛けて、引き上げてくれます。

 

雪の残る傾斜では、思うように上がってくれません。  本当に申し訳ないです!

 

崖の上でも足場の悪い中、懸命に引っ張ってくれています。

 

もう少しです! 頑張って下さい!

 

無事救出!上がった時のみなさんの笑顔が、何もできない私の心と身体の痛みを和らげてくれました。

本当にありがとうございました! この恩は一生忘れません!

 

外観の損傷は大した事ありませんが、ほとんど水没していたので、とてもエンジンのかかる状態ではありませんでした。

 

フロンタイヤトがコースアウトして、私が落ち「どうかバイクは残ってくれ!」という願いも虚しく、後からバイクが落ちてきたのは覚えているのですが、どうしてここでそんな事になったのか、現場を見ても分かりません。

 

ビビッて、これ以上先は覗き込めませんでした。

 

WRをけん引する為、倒木の処理をしている中、リーダーのWRがパンクしているのを発見!

タイヤを交換して初の林道ツーリングだったのに・・・・・!

 

こんな大きな釘が刺さっていました。 

以前にもこの林道で、たかしくんがパンクしたことがあったのですが、その時も釘でした。

これからこの林道に入る前には、パンクをしないようにお祈りをしておきましょう!

 
チューブ交換をしている途中ではありますが、私はツーくんとタンデムで後ろに乗せてもらい、一足先に久万町内まで出て、迎えに来てくれていた奥さんの車で病院に行くことにしました。

 

エンジンのかからない私のWRは、けん引して運んでくれていました。

 

途中まで運んでは、一旦停めて!

 

タンデムで、置いてきているバイクを取りに引き返します。

これを何回か繰り返し、国道まで私のWRを出してくれました。

 

国道まで出たWRは、私が朝乗って行っていた軽トラに積み込み、店まで運んでくれていました。

私が病院に行っている間に、みんなでシリンダーなどいろんな処の水抜きをしてくれていたようです。

この後も何日か少しづつ修理していき、無事エンジンをかけることができました。

 

ヘルメットは、ヒビが入っていましたが、このヘルメットのおかげで、頭はなんともなく無事でした。

 

ニーブレスも金具が壊れていました。 これも代わりに膝を守ってくれたのだと感謝です。

プロテクターなどの防具を付けると動き難いなどと思ていたのですが、今回の事故で改めて防具の大切さを痛感しました。

 

今年最初のツーリングなのに、たいへんご迷惑をおかけしました。

林道も20キロも走れないで終わりにしてしまい、申し訳ないです。

転落後も日頃から慣れているみなさん?のおかげで、私も愛車のWRも段取りよく救助していただき、本当にありがとうございました!

このご恩は一生忘れることはないでしょう! 少しづつでも恩返しができればと思っています。

 

2週間経過して、寝起きや着替えもようやく一人でできるようになり、日常生活には支障がないくらいに回復しました。

固定具を外せるまでにあと2~3週間、そうすればバイクにも乗れそうです。

これに懲りず、また一緒に走ってください!  本当にありがとうございました!

 

 

 

 

 

かんのぶさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス