2017年モトGP観戦記! | YSP松山東、かんのぶのブログ

テーマ:

             『2017年モトGP観戦記!』

 

,

10月14日~15日に「ツインリンクもてぎ」で開催された、モトGP日本グランプリに今年も行って来ました。

金曜日の夕方松山を出発、土曜日の9時頃に、もてぎに到着!

 

今年は双子の孫も一緒です。

この賑やかな二人を連れてのレース観戦、どうなることやら、ちょっと不安です。

心配していた天気は、雨が降ったり止んだり!今にもまた降りそうです。

 

まずは中央エントランスに行ってみました。

 

ここにはライダーの等身大のパネルが設置されていました。

このようなパネルは、今までにはなかったような気がしますね。

 

かんさと奥さんは、今年からヤマハに移籍したビニャーレス選手を発見!

さっそく記念撮影です。

 

その後、ヤマハのブースに行ってみます。

 

ここには発売前のXSR700や、2018年モデルのマジェスティSが展示されていました。

 

モトGPマシンに跨って写真を撮ってもらえるコーナーは今年も人気で、長い行列が出来ていました。

 ただ今年は、レースクィーンのお姉さんと一緒に撮影!傘を差してくれるサービスもありました。

 

ヤマハのブースを早々に、孫たちは遊園地に直行!

電動バイクを見つけ、さっそく試乗しに!

 

土曜日で空いていたので、二人でバトルを楽しんでいます。

 

次はちょっと上級クラスのバイクに挑戦!こちらでも熱いバトルをしています。

 

電動バイクの後は、こんな乗り物でバトルをしています。

 

他の遊園地ではあまり見かけない、ジープのような車で水の中や動く橋などを渡ります。

 

デコボコの所や、写真のような斜めの溝を超える所もあり、結構大人でも楽しめました。

 

その後ファンファンラボに行き、レーシングカーのコクピットに乗り込みます。

 

足の届かないマシンでも安心です。

 

午後は小学生以下を対象にした、キッズピットウォークに参加! コースを横切ってピットに行きます。

 

ライダーはいませんが、綺麗なお姉さまが迎えてくれてます。

 

ピットの奥に、ペドロサ選手が頭を抱えて何かを見ています。いまいち調子が上がらないようです。

 

モト2に参戦している中上選手が、ファンサービスでサインをしていました。

 

ビニャーレス選手のマシンは、フロントタイヤを外して整備中!

ロッシ選手のピットはシャッターが下りたままになっていました。

 

ザルコ選手のピット前では、マシンとレースクィーンのお姉さまが、写真撮影のポーズを取っています。

 

顔つきがちょっと違う中須賀選手のマシンは、次期開発モデルのようですよ。

 

昨年までヤマハに乗っていたロレンソ選手のマシンですが、ウイングが無くなった分、独特なカウルになっています。

 

こちらはモト3クラスに参戦している、ロッシ選手がオーナーのSky Racing Team VR46のピットです。

 

ピットウォークを終えたあと、ホスピタルガーデンにあるALLSTAR特別展示場に、モトGP人気総選挙での人気車が展示してあるので、見に行ってみます。

 

今年モデルのYZF-M1も展示されていました。

 

 

 

ここからは2日目の日曜日!天気は相変わらず微妙、いつ雨が落ちて来るか分かりません。

 

中央エントランス横で、今年もFMXフリースタイルモトクロスが行われるようで、スタンバイしています。

 

そのフリースタイルモトクロスが8時半頃から始まりました。

 

発射ランプが少し濡れているにも関わらず、果敢に大技を決めていきます。

 

バックの空が青空なら、こういう技ももっと映えたでしょうに残念でした。

 

FMXを見た後は、後ろの建物に入ります。

これは5階建ての迷路で、スタンプを集めながら5階まで上がって行き、5階まで上がれば鐘が突けます。

前の日からこれをやりたいと、うるさく言っていたので、挑戦することにしました。

 

建物に入る前から雨が降り始め、雨具を着ての挑戦になりました。

 

40分近くかかり、やっと5階に辿り着き鐘を突くことが出来ました。

 

希望が叶って落ち着いたようです。

 

雨の中でのウォームアップ走行も終わり、あとは決勝レースのみ、雨は降り続いていますが、決勝が始まる11時までにはスタンドに行きます。

 

席に着き、応援フラッグを持って、準備万端!ところが・・・・・・!

 

ウォームアップ走行でオイルが出た為修復に時間がかかり、約50分遅れでモト3.クラスがスタート。

周回数も20周から13周に短縮。 このレースでは日本人の鈴木 竜生選手が4位を獲得しました。

 

次のモト2クラスでは、中上 貴晶選手が今季初のポールポジションを獲得。

今季2勝目に期待がかかります。

 

モト2クラスは23周から15周に短縮し、1時前にスタート。中上選手は途中までトップをキープしていたのですが、終盤落ちて6位でゴールしました。

 

いよいよ2時前にモトGPクラスがコースインしてきました。

ロッシ選手は予選12位、ビニャーレス選手が14位と、あまり振るいませんでした。

 

日本人の中須賀選手が23位、野左根選手が最後尾の24位と、得意の「もてぎ」で苦しんでいるようです。

 

ヤマハテック3のザルコ選手が、ポールポジションを獲得!期待がかかります。

 

いよいよ24周のレースがスタートします。

 

8位を走行中の6ラップ目に、ロッシ選手が転倒!みんなの悲鳴で残念そうにオーロラビジョン観ていました。

レース結果はザルコ選手が8位でヤマハ勢トップ、ビニャーレス選手が9位、中須賀選手が12位でポイントを獲得。ロッシと野左根選手は転倒リタイヤと、ヤマハ勢は振るいませんでした。

ただレースは、最終ラップの最終コーナーまでマルケスとドビツィオーゾがバトル、優勝はドビツィオーゾ

で0.2秒差で2位にマルケスでした。

 

表彰式も終わり、3時半過ぎに車に帰り、これから温泉に入り途中で夕食を摂って、雨の中松山に向かいます。

今回、土曜日はほとんどレースを見る事は無く、遊園地でした。

もてぎにもこんな所があるんだと、初めて知ったところもあり、また一つ勉強になりました。

孫たちは来年も行くと、今から言っていますが、どうもレース観戦よりも遊園地が気に入ったようです。

 

ヤマハ モトGP情報

 

 

 

 

かんのぶさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス