オートバイ神社で安全祈願! | YSP松山東、かんのぶのブログ

テーマ:

           『オートバイ神社で安全祈願!』




8月23日、快晴の日曜日!

今日は島根県浜田市の金城オートバイ神社で行われる、バイク大祭に行きます。
金城オートバイ神社は全国で1番札のオートバイ神社です。







この日のツーリングは島根まで行くので、いつもより早い7時30分の出発になります。

みなさん遅刻することなくやって来ます。











定刻の7時30分に予定通り出発です。













まずはR317号で今治を目指します。
朝も早いので車も少なく、快適にに走れます。










1時間ほどで今治ICに到着!
これからしまなみ海道に入ります。









天気のいい時に走る来島大橋は、一段と気持ちがいいですね。










多田羅大橋もこんな感じで気持ち良く走っています。










多田羅大橋を渡ったところの、瀬戸田PAで休憩です。










瀬戸田PAでの休憩も早めに切り上げ、さっさと出発です。









しまなみ海道の料金所を過ぎて少し走ったところで、最後尾を走っていたナベちゃんが追い上げて来て、なにか言って来ました。
どうも私たちが入ったETCレーンが閉鎖されたようです。








どんな状況になっていたのか、山陽道の入口の福山西ICで確認しようと止まったら、シートベルトの取締りをしていたおまわりさんが、ここに止めたらいいよと案内してくれたのですが、周りの人から見たら、集団で捕まったようにしか見えませんよね。
肝心のETC強行突破は私一人だったようで、電話で無事解決、無罪放免になりました!







山陽道に入ってすぐに尾道JCから尾道道に入ります。
尾道道は対面区間が多いですが、無料区間なので文句は言いません。









世羅町で一度尾道道から下りて、燃費の悪い90年代の名車2台が、燃料補給をします。











世羅町からもう一度尾道道に上がり、三次東JCを目指します。
この尾道道は「やまなみ街道」と呼ばれ、今年の春に全線が開通して、松江まで繋がりました。
日本海まで行くのがたいへん早くなりましたよ。







三次東JCから中国道に入り、それから浜田道に入ります。
浜田道にある金城PAはもうすぐです。










金城PAはスマートETCになっていて、ここから一般道に出ることができます。










金城PAから10分足らず、目的地の「かなぎライディング パーク」に12時過ぎに無事到着です。








中国地方のライダーはほとんどの人が午前中に安全祈願を済ませたようで、午後からは私たちを含め40台ほどです。

愛想のいいお馬さんも迎えてくれますよ。













到着してすぐに受付をします。











受付を済ませると、素敵な景品が当たるくじ引きがあります。










景品が多いので、どれにするか迷っていますよ。










食事のためレストハウスに入ってみると、「幸運がたまり、決してぶつからない」お守りや、「明日は晴れますように、風雨からライダーを守る」晴れ馬なる物が売られています。










今日のバイク大祭に合わせて、タイカレーを500円で準備してくれていましたが、他のメニューは2.200円のバイキングだけで、選択の余地はありませんでした。









肝心のカレーは、ごはんとルーの入れるところが反対じゃないのと思うほどごはんの量が少ない物でした。
せっかく用意していただいて文句は言いたくはありませんが、他にメニューが無いのにこれで500円は高い!とみんなからブーイング!


写真に写っているノンアルコールビールの横のボトルは、くじ引きで当たったバイクの飲み物で、人間の飲み物ではありません。























食事を済ませて休憩していると、何頭もの馬がいろんな体形を作る、カドリールがはじまりました。

はじめて見るカドリール、みなさん熱心に見ていました。

カドリールを楽しんだあと、1台ずつ少し間隔をあけてオートバイ神社のある堂床山に上ります。
オートバイ神社のすぐ下にバイクを止めて神社に向かいます。
普段でしたら神社のところまでバイクで行くことができ、一緒に写真が撮れるそうです。






バイクを止めたところから神社までの道には、オートバイ組合や販売店が奉納した旗がたくさん立っていました。












神社の建つ頂上は見晴らしのいい広場になっています。










ここからは日本海も見えるそうですが、この日は霞がかかっていて見ることができませんでした。










こっちからは中国地方最高峰の大山が微かに見えていました。

神社の横に立っているオートバイ神社の看板です。












上の看板の裏側には、オートバイ神社の建てらてた経緯などが書かれています。












さぁ、いよいよ安全祈願をしていただきます。
みなさん真剣な顔で、お祓いを受けています。










お祓いを受けたあとは、希望者で玉串を捧げます。










祈祷のあとはお賽銭を入れ、念を圧して交通安全をお願いしておきます。










安全祈願が終了したあとで、MJさんに集合写真を撮っていただきました。










堂床山から下り時に、バイクに乗ったまま1台ずつ神主さんから祈祷していただきました。


































































































































































下りる途中でYSP松山東の奉納旗を発見!

当然、一緒に写真を撮っておきます!










トイレに行っていた人には申し訳なかったのですが、お馬さんがお別れの挨拶にきたので、一緒に写真を撮らせていただきました。










バイク大祭も滞りなく終了!
「かなぎライディングパーク」を2時半まえに出発、これから来たルートを逆走して松山に帰ります。





高速に上がる前に入口近くのGSで燃料補給をしておきます。
ここで入れておかないと、高速の途中にはGSはありませんからね。








写真のFZ8くん「かなぎライディングパーク」を出る前からアラームイモビの警報器が鳴りっぱなしになり、どんなにしても止まりません。
警報ブザーを外そうにも、そう簡単には外せそうにありません。
仕方なく少しうるさいですが、このままで松山まで帰ることになりました。






中国道に入って休憩をしようと入った本郷PAで事件が起きてしまいました。
疲れか、少し気が緩んいたのか、くりちゃんが砂でスリップして転倒してしまいました。
愛車はヘッドライト、メーターを大破。
このままでは走れそうにありません。







調度PAだったので、お店でガムテープをお借りして応急修理。










どうにか高速も走れそうです。
安全祈願をしてすぐの転倒でしたが、怪我もなく身体が無事でバイクに乗れるので、さっそくご利益があったと思いましょう。
松山までまだ200キロもあるところで、怪我でもしてしまったらたいへんですからね。







帰りも90年代の名車の燃料補給のため、世羅町で下ります。

ついでに、今年の春にオープンしたばかりの道の駅「世羅」に寄り休憩です。










しまなみ海道に入ってすぐの「大浜PA」で休憩です。











ここ「大浜PA」は全日本モトクロスの帰りにも必ず寄るところで、当然ソフフトクリームをいただきます。











こちらのお二人さんも食べてますね。










さぁ~「大浜PA」からは、休憩なしで松山まで頑張って走ります。












「しまなみ海道」を渡る時は調度夕暮れ時、夕日がきれいに見えました。



















松山に入った頃はもう真っ暗になり、久しぶりに夜のツーリングになりました。












YSP松山東には、8時前に到着。

FZ8くんと、くりちゃんの愛車はそのまま入院することになりました。









本日の走行距離 535キロ

久しぶりのロングツーリングになりました。

参加していただいたみなさん、本当にお疲れさまでした。

途中ちょっとしたトラブルもありましたが、全員無事に帰ることができてよかったです。

安全祈願をしたからと油断をせず、これからも安全運転に心がけましょう!

次のロードツーリングは11月の第2日曜日の予定です。

少し時間が空きますが、ぜひ参加してください。

お待ちしております!



ナベちゃんのブログ


チョビンさんのブログ


















かんのぶさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス