2015`JNCC第2戦広島大会 ! | YSP松山東、かんのぶのブログ

テーマ:

               『15‘JNCC第2戦広島大会』



4月12日、約3年ぶりにJNCCを観戦に行って来ました。

場所は広島のテージャスランチ牧場、当日の天気は晴れ!

絶好のレース日和です。



10時半過ぎにテージャスに到着。

最初にヤマハのテントに行ってみます。













ゼッケン1は、チャンピオンの渡辺 マナブくんのマシン!

昨年発売されたばかりの、YZ250FXです。











こちらは鈴木 ケンジさんのマシン!

こちらのマシンもYZ250FXです。

奥に見えるゼックン5番は、内山 裕太郎くんのマシンですが、これもYZ250FXです。










マナブくんのマシンには、他のマシンには付いていないスイッチが付いていました。

何のスイッチなのか?聞き忘れてしまいました。

右のカメラは、今回初めて取り付けたという4Kカメラで、同時に四方向が撮影できるカメラだそうです。








3年ぶりに会うマナブくん!

以前会った時はJNCC初参戦のときでしたが、今回はゼッケン1番のチャンピオンです。

いつも気さくなマナブくん、今回も優勝を目指しています。











いつもマナブくんと優勝争いをしているケンジさんには、YZ250FXの開発秘話など、いろんな話を聞くとこができました。












ヤマハ以外にもほかのメーカーさんのテントがあります。

こちらはホンダさんのテントで、以前よりも大きくなっていました。












この人はみなさんもよくご存じの、モトクロス元ワークスライダー増田 一将さんです。

いまはホンダのアドバイザーとして活動しているそうです。












こちらはKTMさんのパドックです。

エンデューロでは多くのライダーがKTMに乗っています。













こちらではKTMライダーに無料でマッサージを行ってくれるそうで、みなさんよく利用していました。












いろんなショップさんもお店を出していますが、以前よりも少なくなったようで、ちょっと淋しく感じました。










午前中に行われたFUNクラス(100分)が、11時過ぎにゴール!

その中にYSP香川のユアサくんを発見!

見事クラス優勝しました。









ゴールした後に応援していた家族が集まり、記念写真を撮っている微笑ましいシーンです。

エンデューロならではの1コマですね。












FUNクラスの表彰式で、クラス別の優勝者が勢揃いしています。














午後からはCOPMクラス(180分)がスタートしますが、その前にマナブくんとケンジさんに話を聞いてみたら、お互いが競り合うので180分のスプリントレースのようで、たいへんと言っていました。









この二人での優勝争いになることは間違いないと思いますが、さすが二人とも余裕でリラックスしていて気負いなどまったくありません。












YZ250FXに乗る3人が並んでいますが、FXが発売される前はWRや2ストのYZで走っていました。

この3人以外でもFXに乗り換えたライダーが多くいて、2ストのマシンが少なくなったようです。








AA 1、AA2クラスのライダーはゼッケン順に選手紹介されて、スタートラインに並びます。

まずはゼッケン1のマナブくんです。










次はゼッケン2のケンジさん。












セッケン12は私と同い年で今年63歳になる、石井 正美さんです。

この歳でハードなエンデューロにトップライダーで走るなんて、もうスーパーマンとしか思えません。






中には気負い過ぎでか、ウイリーに失敗してみんなを喜ばせてくれるライダーもいますよ。













全員がスタートラインに揃いました。

いよいよスタートです。











まずはAA1,AA2クラスがスタート











つづいてAクラスがスタート!











台数の多いBクラスでは、よく1コーナーでアクシデントがあります。











大きなトラブルもなく、全クラス無事にコースにとび出していきました。












写真は傾斜のきついヒルクライムですが、ここを上って行くのはAAライダーの数人だけでした。



コースには林の中を走るところもありますが、コース幅が広いのでいろんなラインがあるようです。











スタートして1時間を経過したころには、マナブくんとケンジさんのトップ争いが行われていました。










しばらくはマナブくんがレースをリードするかたちで、トップを走っています。









ケンジさんは2番手といっても数秒しか離れていません。










ふたりの距離はご覧の差しかありません。


調度1時間半を経過した時は、ケンジさんが先頭で帰ってきました。












二人揃って給油の為ピットインです。











ピットからはマナブくんが先に出てきました。












給油のあともしばらくは二人の接近戦が行われていたのですが、2時間半経過したころから少し離れてきました。












ケンジさんはコースのどこかでミスをしたのか、マナブくんと1分位離れてしまいました。


この日のコースでの最大の難所は、この岩場のロックセクションです。












一度ストップするとなかなか出られず、スタッフに助けられて脱出するライダーが多くいました。











そんな中でもマナブくんはラインを見極めて、焦らずそのラインが空いたときにスムーズに抜けて行きました。











ケンジさんはマナブくんとはまったく違うラインを抜けて行きました。










優勝は後半一度もトップを譲ることなく、安定した走りをしたマナブくん。

開幕戦に続いて2連勝です。









ケンジさんは開幕戦に続いて悔しい2位となってしまいましたが、マナブくんとの差は2分足らず。

3時間走ってわずか2分ほどの差と、ツートップの激しいバトルをみることができました。









この日はいい天気だったのですが、前日降った雨でコースはマディのところもあったようで、マシンは泥だらけなっています。











マナブくんのマシンに取り付けていた4Kカメラですが、JNCCのホームページなどのYou Tubeで見ることができますので、一度見て下さい。



それにしてもトップの二人が速く、なかなかこの二人に絡むライダーがでてきませんねぇ。

また、3年前に比べて2ストマシンが減ってきているように感じました。

昨年発売されたYZ250FXなども多く、エンデューロレースでも4ストが主流になってくるのでしょうか?

これからもJNCCに注目していきたいと思っています。


ライダーのみなさん、お疲れさまでした。

これからもおもしろいレースを期待していますので、頑張ってください。









かんのぶさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス