佐田岬灯台ツーリング! | YSP松山東、かんのぶのブログ

テーマ:

            『佐田岬灯台ツーリング!』





今年最後の3連休の中日、11月23日に今年最後のロードツーリングを行いました。


この日の天気は快晴!

11月下旬にしては暖かく、最高のツーリング日和です。









今回はMT-09が3台!

MT-07が2台!

参加車種も豊富になりました。











私の都合で当初予定の第3日曜日から第4日曜日に変更したり、丁度その日が3連休ということで、参加者がちょっと少なく、12台13名での出発です。

当初、第3日曜日を予定していたみなさん、本当に申し訳ありませんでした。









YSP松山東から伊予市、そこからR378へ入り、10時前に双海シーサイド公園に到着!

ここまで走っても、あまり寒さを感じません。











夏場は多くの人で賑わう海もいまは誰もいませんですが、この日は海のブルーも一段と綺麗でした。












次に休憩をしたのは、R197メロディーラインにある「きらら館」です。












ここの駐車場には、人気の「じゃこてん」を売っているところがあるのですが、もう行列ができていました。












またここのすぐ近くには、いまは全て停止中ですが、、なにかと問題になっている、伊方原子力発電所があります。












やっぱり新しいモデルは気になるようで、みなさんMT-07を見ながらなにか話をしています。












「きらら館」からは、一気に佐田岬灯台入口の駐車場まで走ります。

ここには丁度12時頃に到着。











さぁ、これからこの半島の先にある灯台まで歩いて行きますよ!












入口にある看板!

灯台までは1.8キロあるようです。

さぁ、頑張って行きましょう!











歩道は整備されていて歩きやすく、下りになっているので楽ちんです。












すこし行くと木立を抜け、海が見えてきました。













右に見える建物はキャンプ場で、夏の海水浴シーズンのみ開いているようですね。

すぐ近くに海水浴場もありましたよ。











キャンプ場を過ぎたあたりからは、九十九折になった坂を上って行きます。

最初の下り坂で喜んでペースを上げていると、ここで堪えますよ。










駐車場から約20分!

待望の灯台に到着です!












灯台の中には入れませんが、たもとは周回できるようになっていて、360度の景色を楽しめるようになっていました。












ここは四国の最西端!

りっぱな石碑が建っています。












すぐ目の前は九州です。













この地図でも分かるように、九州の佐賀関までは今走ってきた三崎港くらいの距離、なんとか橋は架からないのでしょうか?











灯台の下の海は綺麗で、透き通っていますね。













また灯台のすぐ下には、戦時中の砲台跡も見えます。













砲台跡に行ってみよう!ということで灯台から少し下って行きます。

途中に忠魂碑と彫られた慰霊碑が建っていました。











慰霊碑を過ぎると道が無くなっていて、ここからは行けそうにありません。

仕方なくあきらめて引き返すことにしました。











次に向かったのは、少し高台にある椿山展望台です。

いま歩いているところは展望台の下にある、19世紀後半に軍事目的で使われていたという、移動式探照灯の環状路だそうです。










こちらは移動式探照灯の格納庫です。

当時は迷彩色に塗られていたそうで、その時の名残が少し残っています。









ことらも移動式探照灯の格納庫ですが、大きさは上の物の倍以上はあります。











格納庫のすぐ横にある、移動式探照灯の説明を書いている看板です。












椿山展望台からの景色は一段ときれいです。

ただここの展望台には写真のような丸いモニュメントがありますが、意味がまったく分かりませんし写真を撮る時などは邪魔です。











佐田岬灯台のパンフレットの多くは、ここから撮影したものだったんですね。












当然ですが、ここは四国最西端の展望台になります。













灯台で遊び過ぎ、駐車場に帰ってきたのが1時半頃と遅くなってしまい、急遽昼食場所を変更することにします。


今回お世話になったのは、三崎港の近くにある「まりーな亭」さんです。









灯台の駐車場から急に電話を入れたにも関わらず、並びの席を用意していただき、ありがとうございました。












落ち着いた店内で、ブイなどの漁具を使ったかわいい置物が置かれていました。











お待たせしました!

ツーリングで楽しみの一つの昼食です。

ここ「まりーな亭」さんのお奨めは、刺身に、いくらに、ちりめんも堪能できる、満開丼(三崎の海のお友達丼とも言うらしい)

お値段は1.500円也








こちらは刺身定食!

1.350円也











やっぱり一度は食べておきたい、ちりめん丼!

900円也











八幡浜といえばちゃんぽん!

ここ三崎でもよく食べられるようです。

670円也










少し遅い昼食でお腹が空いていたのか、みなさん黙々と食べていますよ。












お腹も満たされ落ち着いたところで、ゆっくりと帰ることにします。












途中、風車の立ち並ぶ「せとの風の丘パーク」に寄ります。












見晴らし台から三崎方面を眺めたところです。












こちらは伊方方面を眺めたところですが、どちらも多くの風車が建っています。










風の丘パークからは、八幡浜経由で一気に大洲まで走り、如法寺河原で最後の休憩です。












ここから見える臥龍山荘の紅葉はもう少し後のようです。


休憩を終えた後は肱川沿いに内子まで走り、そこからは久しぶりにR56号で松山に帰りました。


この日の走行距離 256Km


たのしいチョビンさんのブロブ


ツーリングに参加のみなさんお疲れさまでした。

みなさんのおかげで今回も無事に終了することができました。

本当にありがとうございました!


また、今回日程を変更したため参加できなかったみなさん、本当に申し訳ありませんでした。

来年からは第3日曜日はツーリング!とできるだけ固定したいと思っていますのでよろしくお願いします。








かんのぶさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス