モトGP日本グランプリ観戦レポート 土曜日編 | YSP松山東、かんのぶのブログ

テーマ:

       『モトGP日本グランプリ観戦レポート 土曜日編」


レポートがたいへん遅くなってしまったのですが、10月1日~2日栃木県の「ツインリンクもてぎ」で開催されたモトGP日本グランプリを観戦に行ってきました。


YSP松山東、かんのぶのブログ 9月30日の金曜日、夕方4時頃に松山を出発して、休憩や仮眠をとりながら明朝6時過ぎに栃木県の芳賀町に到着。


道の駅「はが」に車を停めて、ここからはマジェスティにタンデムして「もてぎ」まで行くことにします。

しばらく休憩してから「もてぎ」に向かいますが、道も空いているので30分もかかりません。








YSP松山東、かんのぶのブログ
今回は「もてぎ」に着いてすぐにホンダコレクションホールに行くことにしました。

今回のモトGP特別展示でヤマハとホンダの歴代のGPマシンが展示されているというので、それを見に行きます。

ホールの入場料は無料ですよ。









YSP松山東、かんのぶのブログ
1階の中央には、モトGP特別展示「異体同心~躍動編~」と題して、マシンとライダーが勝利に向かい、同心となって走る姿を再現し、躍動感あふれる展示をしていました。










YSP松山東、かんのぶのブログ
目的の特別展示は3階に展示していて「切磋琢磨~挑戦者たちの再会~」となっていました。

ホンダとヤマハが半世紀にわたって繰り広げられた、熱きロードレーサーの当時の車両を展示していました。










YSP松山東、かんのぶのブログ

写真のマシンはホンダの6気筒マシンに対抗して開発された、ヤマハのRD05Aで1967~1968年に走っていたマシンです。

水冷2ストローク4気筒、249cc、8段変速というすごいマシンです。

249ccで4気筒なんて、どんな排気音がしてどんな走りをしていたのか、見てみたいものです。







YSP松山東、かんのぶのブログ
これがそのホンダのRC166.

空冷4ストローク6気筒DOHC,4バルブ、ギヤ駆動、249cc、

7段変速。

こちらはなんと6気筒マシンです。

45年も前にこんなすごいマシンでレースをしていたんですね。








YSP松山東、かんのぶのブログ
こちらはみなさんもご存知だとは思いますが、あのケニー、ロバーツが1983年に乗っていた、YZR500(OW70)。

水冷2ストロークV型4気筒、499cc、6段変速です。











YSP松山東、かんのぶのブログ

こちらもよくご存知のF,スペンサーが乗って、ロバーツと激しいデットヒートを繰る拡げたホンダNS500.

水冷2ストロークV型3気筒、498cc、6段変速です。








YSP松山東、かんのぶのブログ

こちらは2002年に4ストロークになった、モトGPの初代ファクトリーマシンYZR-M1(OWM1)。

水冷4ストローク4気筒、DOHC5バルブ、990cc、6段変速で、M,ビアッジが乗っていたマシンです。








YSP松山東、かんのぶのブログ
ことらはホンダの4ストローク1年目のモトGPマシン、RC211Vです。

ゼッケンを見ればだれが乗っていたかすぐに分かると思いますが、2002年にロッシが乗っていたマシンで4ストロークV型5気筒DOHC4バルブ、990cc、6段変速。








YSP松山東、かんのぶのブログ
ほかにも1993年にW,レイニーが乗っていたYZR500.

1994年M,ドゥーハンが乗っていたNSR500.


250ccクラスでは、1990年にJ、コシンスキーが乗っていたYZR250。

1991年にL、カダローラが乗っていたNSR250が展示されていました。






YSP松山東、かんのぶのブログ
このホールでのもう一つ楽しんだのは、「ASIMOスーパーライブ&U3-Xデモンストレーション」。


YSP松山東、かんのぶのブログ

ASIMOが走ったり、踊ったり、コーヒーを運んで届けたりと、ASIMOの動きは精巧で本当に驚きました。










YSP松山東、かんのぶのブログ


もうひとつのU3-Xは初めてみたのですが、説明を聞いてもどうしてそんな事ができるのか理解できないような動きをしました。











YSP松山東、かんのぶのブログ
実際に人が乗って、体重移動だけで前後左右はもちろん、円を描いたり斜めにと、思いどうりに動かしていました。

何年か後にはこんな乗り物が実際に発売されるのでしょうか?










YSP松山東、かんのぶのブログ
ホンダコレクションホールを出て、次にメーカーさんのブースに行ってみました。

心配していた天気も曇ってはいるものの、なんとか空に我慢してもらっています。











YSP松山東、かんのぶのブログ

ヤマハのブースのステージではもうオークションが始まっていました。

オークションにはヤマハのモトGPライダーのサイン入りのキャップ、Tシャツ、ポロシャツやトレーナーなどが出品されて最後にヘルメットがオークションにかかります。







YSP松山東、かんのぶのブログ
オークシャン終了後はライダー本人が登場してのトークショーがありました。

まず、モンスターヤマハテック3のエドワーズとクラッチロー選手です。









YSP松山東、かんのぶのブログ
次に登場したのは、ヤマハ ファクトリーレーシングのスピース選手です。

調子もいいようで、笑顔で質問にも答えてくれていました。









YSP松山東、かんのぶのブログ
そして最後に昨年のチャンピオンで今年のゼッケン1番、エースライダーのロレンソ選手です。

昨年とは違いチャンピオンらしく落ち着いた雰囲気で、常ににこやかに答えてくれました。









YSP松山東、かんのぶのブログ
さてここからがサプライズです。

ロレンソが「さとみ」「さとみ」と呼んで、我がかんさと奥様がステージに上がっていきます。

先のオークションでロレンソのヘルメットを落札したお礼ということでした。







YSP松山東、かんのぶのブログ

こんな奥さまの嬉しそうな顔、見たことがないですよ!

娘の結婚式でも、孫が誕生した時でも、こんな嬉しそうな顔はしてなかったように思います。

よっぽど嬉しかったんでしょうねぇ。







YSP松山東、かんのぶのブログ
最後は肩に手を回してもらい二人揃ってVサインで記念撮影でした。

きっと一生の思い出になったんじゃないでしょうか。









YSP松山東、かんのぶのブログ

いい思い出ができとところで、いろんなお店が出店しているので紹介します。

ここはロッシのグッズを売っているお店ですが、ロッシのお店はここの他に3~4軒ありました。









YSP松山東、かんのぶのブログ
ことらは中野 真矢さんのお店です。

中野さんは日本グランプリのPRホプロデューサーをしたり、ヤマハのGP参戦50周年メモリアルで走ったりと忙しそうでした。










YSP松山東、かんのぶのブログ
そしてこちらは、ホンダのグッズを売っているお店です。












YSP松山東、かんのぶのブログ
お店は用品やグッズを売っているお店だけではありません。

このお店は、ヤマハファクトリーレーシングチームに帯同する「専属シェフ アンソニーさん」監修のパスタを販売しているお店です。

ここでしか食べる事ができない貴重なパスタですよ。








YSP松山東、かんのぶのブログ
こちらは青山 博一選手の応援メニュー、那須豚丼を売っているお店です。











YSP松山東、かんのぶのブログ
ヤマハのブースではオークション終了後はモトGPマシンを展示していました。

写真はロレンソのマシンですが、スピースのマシンも展示していました。








YSP松山東、かんのぶのブログホンダのブースでもストーナーとペドロサのマシンが展示されていました。

写真はストーナーのマシンです。










YSP松山東、かんのぶのブログ
同じステージには今年で終了してしまうGP125ccクラスに変わって、来年から新設されるモト3クラスに参戦するホンダのNSF250Rも展示されていました。

ヤマハも早くこのようなマシンを出してほしいものです。










YSP松山東、かんのぶのブログ

またドウカティのブースは市販車を中心の展示で、モトGPマシンの展示はありませんでした。

となりのテントでは用品やウエアー類が販売されていました。









YSP松山東、かんのぶのブログ
スズキのブースにはおもしろいものがありました。

観光地などによく置いてある、顔だけ出して写真をとれるようにしたバウティスタのついたてです。









YSP松山東、かんのぶのブログ

さっそく自分も挑戦、気分はGPライダー?に!










YSP松山東、かんのぶのブログ
また今年は、いままでにはなかったオートレースのマシンも展示されていました。

オートレースでは、元GPライダーの青木冶親選手をはじめ、今年はロードレースからは青山周平、渡辺篤選手またモトクロスからは平塚雅樹選手などが転向して活躍しています。







YSP松山東、かんのぶのブログ
自分も跨らしてもらいましたが、ポジションは独特のもので、ブレーキは無くリヤサスはリジット、フロントサスはほんのちょっと動くだけ、チェンジはローとトップの2速、エンジンは空冷600ccのシングル、ローギヤでスタートしてすぐにトップギヤに入れてからはスロットルワークだけでコントロールするそうです。








YSP松山東、かんのぶのブログ
土曜日はどこのスタンドにも自由に入れて観戦できるのですが、自分はダウンヒルストレートが一番好きでよく行きます。

ヘアピンカーブを立ち上がって一気に加速していきます。










YSP松山東、かんのぶのブログ
フロントタイヤを浮かせながら加速していくシーンを、間近にみることができるので迫力があります。










YSP松山東、かんのぶのブログ
この辺りからは下り坂になるのでますますスピードにのっていきます。

いいシーンが撮れるのか、カメラマンも大勢いました。










YSP松山東、かんのぶのブログ
この辺りがこのコースで一番スピードのでている、90°コーナー手前で、モトGPマシンは290Km/hに達するそうです。











YSP松山東、かんのぶのブログ
ハードなブレーキングが見所の90°コーナー、一気に抜き去る最後のポイントで決勝終盤には大きなドラマが起きる確率が非常に高いところです。










YSP松山東、かんのぶのブログ
雨にも降られず予選も無事に終了して、ロレンソは2番グリッド、スピースは5番グリッドとまぁまぁのポジション。


道の駅に帰ってからは、うしろに見える建物が温泉なのでゆっくり入って、そこで食事をしながら美味しいビールを飲んで、明日の決勝に備えて早めに休みます。














かんのぶさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス