キャシーといっしょにハワイアンキルトvol.17~19 カパポホバッグ | 旦那のいぬうちに・・・

旦那のいぬうちに・・・

旦那の転勤にくっついて、千葉→大阪→鳥取→三重の生活を愛猫「てん様」と楽しんでいます。
各地の観光と習慣・食べ物の違いや、趣味・猫のてん様のことなどなどを書いています。

 

あんなにガツガツやっていたハワイアンキルトが、停滞期に入っています。

 

言い訳をするとね、技能試験の勉強やら、仕事のトライアルとか、入力作業があったりで、いろんな手芸をやる時間が取れなかったっていうのもあるけれど。

 

正直に言いましょう。

 

少々、飽きてきた。

というか、雑貨小物は作りたいけれど、メインのインテリアカバーまで作り続ける根気が続かなくなってきた、っつーか・・・その気力が湧かない。

 

このスランプを乗り越えれば、全80回だっけ? 最終号までやりきれそうなんだけどね~。

 

 

 

では、Vol.17~19の小物のカパポホバッグです。

 

カパポホって、アフリカの言葉で「ゆったり」っていう意味なんだってさ。

 

image0.jpeg

 

型に合わせて生地を裁ち、側面と底の接合部分を縫い合わせたら、

image1.jpeg

側面同士を縫い合わせます。

 

image3.jpeg

これで表袋のできあがり。

次に、裏袋用の生地を型通りに裁ち、image4.jpeg

ポケットを縫い付け、

image0.jpeg

表袋と同じ手順で底と側面を縫い合わせたら、裏袋のできあがり。

image1.jpeg

 

持ち手の部分を縫い、裏袋と表袋を縫い合わせたらできあがり!

image2.jpeg

持ち手がちょっと長く見えるでしょう?

本当はもっと長かったんだけど、短くしました。

 

これは御朱印帳やら、ガイドブックやらを持ち歩く時の袋にしようと考えています。

神社やお寺で、これを持っているオバチャンがいたら、それは私かもよ。

 

 

インテリアカバーは保留にして、今は「季節のタペストリー冬」を進めています。

クリスマスにピッタリ。

 

クリスマスまでに間に合わせたい!!

 

頑張ろう。