日本の労働力、2030年に950万人減 厚労省試算 | 愛知県春日井市の社会保険労務士のカンちゃんのブログ
2012-07-23 16:05:52

日本の労働力、2030年に950万人減 厚労省試算

テーマ:記事

少子高齢化への今後の政府の対策がうまくいかないと、

2030年の労働力人口は10年の約6630万人から

約950万人減る、との推計を厚生労働省が
23日まとめた。


働く女性が増えてきたことなどを受け、

減少幅は前回07年の推計
(30年に06年から約1070万人減)よりも縮小した。


労働力人口は15歳以上で、働いているか、

働く意思はあるが失業中の人の数を示す。


国立社会保障・人口問題研究所が5年に1回

見直している将来推計人口をもとに、
失業率などを推計して厚労省の雇用政策研究会が試算した。


推計人口は、今年1月に最新データが公表され、

出生率が上方修正されている。


厚労省の推計では、労働力人口は、経済のゼロ成長が続き、
若者の就労支援や高齢者の就業促進などの施策の効果が

まったくない最悪のケースだと、

20年は440万人減の6190万人、
30年は5680万人になると見積もった。


前回07年の推計では30年は約5580万人と見ていた。


(出典:朝日新聞)

カンちゃんさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス