<厚生年金>悪質加入逃れは告発、企業名公表も(毎日) | 愛知県春日井市の社会保険労務士のカンちゃんのブログ
2012-05-06 13:29:47

<厚生年金>悪質加入逃れは告発、企業名公表も(毎日)

テーマ:記事

厚生労働省は今年度から、厚生年金への加入義務があるのに

加入せず、保険料を払わない悪質な企業の事業主を、

厚生年金保険法違反容疑で警察に告発するとともに、

公表することを決めた。


加入に必要な情報を確認するための立ち入り調査を拒否した

回数など、具体的基準を定めたうえで、告発に着手する。


ここ数年、未加入事業所の総数は10万前後で推移しており、

同省は3年以内に半減を目指す。【中島和哉】


厚生年金は保険料の半分を会社側が負担するため、

経営状態の悪い中小企業などで加入を逃れるケースが

後を絶たない。


従業員は、厚生年金より給付の不利な国民年金に加入する

ことになるため、厳罰化で従業員の待遇改善を図る。


また、政府が税と社会保障の一体改革を掲げ消費増税を

目指すなか、保険料を納めていない事業所に対する不公平感が

高まっており、こうした批判をかわす狙いもある。


日本年金機構はこれまで未加入の事業所を訪問したり文書を

送ったりして加入を指導、従わなければ強制的に加入させてきた。


ただ、加入には従業員数や報酬などの情報が必要で、

確認のための立ち入り調査を拒否する事業所も多い。


このため、最近5年間で厚生年金に加入した事業所数は、

年間3000弱~1万程度にとどまる。


10年度末で10万7935事業所が未加入だ。


厚生年金保険法は懲役6月以下または罰金50万円以下の

罰則を規定しているが、これまで加入逃れに対して適用された

例はほとんどなかったという。


加入しているが保険料を滞納している事業所は、告発の対象としない。


一方、加入事業所(10年度末で約175万)についても、

4年に1度は調査を実施し、従業員の報酬など加入状況が適正か

どうかを確認する。


【ことば】厚生年金

民間サラリーマンが加入する年金制度。法人や従業員5人以上の

事業所は、従業員を加入させなければならない。

保険料は、収入に応じた標準報酬に保険料率(現在は16.412%)を

掛けて決められ、事業主と従業員が半分ずつ負担する。


カンちゃんさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス