平成30年度大忘年会②~裏側編~ | ㈱環境整備産業のブログ

㈱環境整備産業のブログ

大分県大分市にあります、㈱環境整備産業です。
『処理・処分する会社から製造する会社へ』の会社理念のもと、
リサイクルへ力を注いでいます。


テーマ:

  皆さん、2019年、2度目まして。環境整備産業、オールドルーキーの佐藤です。

 ぼやぼやしていたら、2月も半分が過ぎてしまいました。びっくりこの分だと私のオールド具合がさらに増しそうです。えーん

 さて、早速ですが、今回は昨年、原ちゃんがお伝えした、大忘年会の裏側、忘年会実行委員会の頑張りについてお伝えします。

 昨年末、わが社の第44期経営方針発表会及び大忘年会が行われました。その様子はこちらをご覧ください。

  

 その、大忘年会について、毎年実行委員会形式になっており、若手社員からなる実行委員さんが、仕事が終わった後、忘年会の内容・進行・予算に至るまで、それぞれ自分たちで原案を出し、会社からの承認のもと、実行していくのです。

 今年の実行委員さんは7名で、総務部・営業部・収集運搬事業部・リサイクル事業部と各部署からまんべんなく選ばれています。普段は別々の部署で働く仲間が、忘年会成功の為に集まり、努力する、なんだか青春ドラマのようです。

 

 第一回目の実行委員会が9月19日から始まり、会を重ねるごとに具体的に色々なことを決めていく。(抽象的に書いたのは佐藤はポンコツの為、実行委員会には選ばれなかった為ニヤリです。)

 

【第1回目資料です。】

 

【忘年会直前の資料です。厚みが増し、より具体的になっています。】

 

 そして、大忘年会の直前まで、準備に準備を重ね、いざ当日!

 当日になっても準備はあります。少し早めに会場へ行き、ホテルの方と最終打合せ。そして、出し物をするグループの段取りの確認やら、とにかく忙しそう。

 

 【忙しい中、受付も行います。】

 そしていよいよ、本番。司会・進行、タイムキーパーや出し物出演者の誘導等、会場を動きまわっております。(ちなみに佐藤はこの時、お酒の力により、若干記憶がなくなりかけておりました・・・ガーン

 その努力のおかげで、大忘年会は大成功に終わりました。

【忘年会終了後の実行委員さんの円陣です。とても良い笑顔です。】

 

 これで終わり・・・というわけではなく、忘年会の後も、経費の精算や、次回の為のアンケートをとったりと、頭が下がります。

 「成功の裏に努力あり」とはまさにこのことです。

㈱環境整備産業さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ