環境ベンチャーのブログ


土曜日の練習に参加してきました。


高校のラグビー部でコーチをするようになって、まだ2ヶ月経っていません。


仕事の時間をやりくりして、なるべく顔をだすようにしています。


クライアントの方に、「村井さんはなんでそんなにいろいろな仕事できるの?」と聞かれます。


しかし、それは自分がやることを限定して、できない部分は仲間に助けてもらっているからです。


自分のストロングポイントに業務を集中させると、それほど仕事に時間を必要としなくなります。


それでも、ことラグビーのコーチに関してはもう少し頑張って時間的な比重を上げないといけないと感じています。


やっぱりやるからには花園を目指したいし、自分自身ベストを尽くしてチャレンジしてみたい。←本気でやるから失敗があるし、足りない部分も見える。そこに成長が生まれてくる。


クライアントを疎かにすることなく、ラグビーのコーチを両立するには時間管理を見直したほうが良いと感じています。


「ヨジラーになろうかな」


ヨジラーとは、朝4時に起床し朝の時間をフル活用する人のこと。(だそうだ)


朝4時に起床して仕事を始めれば、朝食と昼食を食べなければ午前の11時までには仕事が一通り終わるでしょう。


今は朝行っているトレーニングは皆さんが昼休みになる12時からにすれば効率的になると思います。


午後の時間はクライアントとのミーティングやラグビーのコーチの時間に充当することができます。


しかし!


まだ、ヨジラーになる決断ができていません。←弱い自分と戦う準備に時間が要ります


ヨジラーになったうえで、練習が休みの日に遠方への出張を入れるようにすれば、平日はそうとうグランドに通えるのではないだろうか。


花園を目指したいと選手に伝えていますが、まだ火がついていません。


また、選手には勉強とラグビーを両立させるように促しています。


まず、コーチである自分自身が仕事とコーチ(つまりラグビー)の両立を体現してみせることで、「文武両道」を説く自分の言葉にリアリティが出るのではないだろうか。


もう一歩、こちらの生活も規制して本気度をあげていかないといけない時期になっているように思います。


さあ、いつ決断するか!←やるなら早くしろよ!自分!