チームやスクールに任せるだけでなく、家庭でもバックアップできることはたくさんあります。

我が家でも用意している、子供たちのサッカーが上手くなるための便利なグッズをまとめてみました。

ぜひ参考にしてみてください。

マーカー
ドリブルの練習や、アジリティトレーニング、鳥かごやミニゲームのスペース決めに使ったりと。持っておくと非常に便利です。





タニラダー
アジリティトレーニングの基本です。DVD付きの本家のものがお勧めですが、類似品も多く売っています。







ミニゴール
公演や空き地でミニゲームをするとき、ゴールがある方が盛り上がります。



インナーソール
かかとの痛み(踵骨骨端症、シーバー病)の原因の一つに、シューズが合っていないケースがあります。うちの子もそうでした。インナーソールを入れると、ジャストフィットしやすくなります。



ミズノ・モナルシーダ
日本人の合うシューズは、国産が一番ということで。我が家はミズノを履かせてます。インナーソールは純正のままです。




キーパーグローブ
キーパーをする際、グローブはしたほうが良いと思います。強いシュートを受けて、骨折してしまった子もいます。




ビデオカメラ
試合や練習の様子を撮影しておけば、後で振り返ることができます。自分の動きを客観視することは、スポーツ上達に有効です。

最近はスマホでも綺麗に撮影できますが、望遠レンズあったほうがより細かい動きを遠くから撮影できます。メモリの容量を増やせば、より長い時間高画質で撮影できます。




アクションカメラも便利です。望遠はできませんが、広角で撮れるのでコート全体をカバーできます。コートのネットの穴から撮影できるのも便利。



三脚
三脚があると楽に撮影できます。手ブレもなくなり、鑑賞しやすいです。




お勧め書籍

クーバー本はお勧めです。付属のDVDを見ながら、ゲームに必要なボールタッチテクニックを練習できます。



サッカーはテクニック!とは言っても、足が速い方が有利なのは事実。お子さんの走りを見直してみましょう。



早期教育やゴールデンエイジといった、当ブログのポリシーはこの本の影響を強く受けています。まんが版もあるので読みやすいです。





全国のサッカー少年少女の様子が気になる方はこちら。にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ

我が家の教育理念はこちら
ゴールデンエイジ教育論