うちの長男は、元々動きが鈍い。

チームに入って走るようになって、スピードは上がってきたと思うのですが、俊敏性はいまいちで、ディフェンス時に一歩が遅いことが多いです。

プレーする姿を見ていると、もっと工夫してカバーできることはあると思うのです。

気になるのは、長男の姿勢の悪さ。そして、ステップワークの下手さです。

上体を前に倒して、足を広げ、ベタ足でディフェンスしています。この姿勢、どこかで見たことあるなと。そう、レスリングです。

レスリングは、足を取ると有利です。逆に取られると不利なので、低い姿勢で懐を深くしつつ、タックルしやすいように、低い姿勢を取るのだと思います。



しかし、サッカーで上体を倒してしまうと、重心のバランスが悪くなって一歩が出にくくなります。

ボールは地面にあるので、ボールを見ようとして、上体を倒すのでしょうけど。上体を倒さなくても、首だけ倒せば見えると思います。

そこで思い出したのが、ボクシングの動きです。重心は高く、姿勢は直立。腰の上に常に上体の重心があって、小刻みな軽快なステップで相手を揺さぶります。



サッカーのディフェンスは、ボクシングの動きに近いと思いました。

長男には、レスリングとボクシングの動画を見せました。何か掴んでくれると良いのですが…。


全国のサッカー少年少女の様子が知りたい方はこちら。

にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ

我が家の教育理念はこちら
ゴールデンエイジ教育論

家庭でも毎日少しずつ練習すると上手くなります
サッカーが上手くなるお勧めグッズまとめ