こんにちは😃

そう言えば、八百長疑惑で笠松の佐藤友騎手ら4人が引退したそうですね。
自分の感想は一言、、、


やっぱりな!

昔、佐藤友騎手が、斑鳩Sで本命の◎レッドアヴァンセを不可解な飛ばし方をした時から怪しいと思っていました。
もう本当にこういう話題はコリゴリムキー
金沢競馬とかの明らかに怪しいやつは、NRAが厳しく取り締まってどんどん警察沙汰にしていくべきです。
競馬に関わる仕事は、光ある誇るべき仕事‼️
光が見えなくなった闇の連中は即刻排除してください。
JRAもNRAもよろしくお願いします🙇‍♂️


では、いつものように亀谷先生の『重賞ビーム』、血統は『血統の教科書』を参考に予想していきます。



【🌳エルムS🌳】

☆調教傾向

2019年
1着モズアトラクション 函ダ3本
函ダ 72.3-56.5-41.2-12.4 馬なり⑧
2着ハイランドピーク 札ダ2本+函ダ2本
札ダ 66.2-51.7-37.9-12.3 馬なり⑦
3着サトノティターン 札ダ7本+美坂&南W
札ダ 67.8-52.8-38.2-12.1 馬なり⑥
外併走馬を追走し併入

2018年
1着ハイランドピーク 函W2本
函W 67.2-52.6-38.9-13.1 馬なり⑦
2着ドリームキラリ 札ダ2本
札ダ 66.5-52.2-39.0-12.2 馬なり⑧
内併走馬に先行し併入、外併走馬を追走し先着
3着ミツバ 札ダ1本+函ダ1本
札ダ 67.5-52.0-38.3-11.9 強め⑦

2017年
1着ロンドンタウン 函W3本+栗坂&CW
函W 64.9-51.3-38.1-12.6 一杯⑧
2着テイエムジンソク  札ダ2本+函ダ2本
札ダ 65.9-51.5-37.6-12.3 一杯⑦
3着ドリームキラリ 札ダ2本
札ダ 68.6-53.4-39.5-12.2 馬なり⑨
内併走馬に先行し併入

2016年
1着リッカルド 札ダ1本+南W
札ダ 69.2-52.3-39.2-12.9  馬なり⑧
2着クリノスターオー 函W1本+栗坂
函W 68.8-53.5-39.4-13.0 一杯④
内併走馬に遅れ
3着モンドクラッセ 函W5本
函W 53.2-38.5-12.2 馬なり⑧

2015年
1着ジェベルムーサ 函ダ3本
函ダ 54.2-38.8-12.2 馬なり⑧
内併走馬を追走し先着
2着グレープブランデー 札芝1本+札ダ1本+栗坂
札芝 68.0-52.5-37.2-12.0 強め⑥
内併走馬に先行し併入、外併走馬を追走し併入
3着エーシンモアオバー 札ダ1本+函ダ2本+函W4本+栗B&CW
札ダ 82.2-67.6-53.3-39.9-12.4 馬なり⑦


先週も言いましたが、今年は函館に滞在して調教を行い、レース前に輸送する、いわゆる"裏函"は中止。
ということで、函館が使えない為、クイーンS同様、札幌に入厩して追い切る馬がほとんどでしょう。
傾向的にもバラバラで絞りにくいですが、札幌ダートで全体タイムが70秒くらい、かつ終いの脚も13秒台かかっているような馬は、馬券内に来ていないのでそれだけは切りで良いでしょう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

☆脚質傾向

2019年
15時 南東6m 16時 南南東5m 晴れ☀️稍
1.5F17秒1 3.5F40秒4 5.5F1分4秒6 1分41秒9 H
6.5-10.6-11.4-11.9-12.1-12.1-12.3-12.4-12.6
内差ー内差ー外追 8-6-11

2018年
15時 北東1m 16時 北北西4m 曇り☁️重
1.5F17秒6 3.5F41秒6 5.5F1分5秒3 1分42秒0 M
6.6-11.0-11.9-12.1-12.2-11.5-11.5-12.1-13.1
外先ー逃ー外追 2-1-13

2017年
15時 南東3m 16時 南東3m 曇り☁️重
1.5F17秒4 3.5F41秒5 5.5F1分5秒0 1分40秒9 M
6.8-10.6-11.8-12.3-11.9-11.6-11.7-11.8-12.4
内先ー外先ー逃 3-2-1

2016年
15時 南5m 16時 南南東7m 晴れ☀️良
1.5F18秒1 3.5F42秒9 5.5F1分7秒2 1分43秒5 M
6.7-11.4-12.2-12.6-12.3-12.0-12.0-11.9-12.4
3角外捲差ー外先ー逃 6-2-1

2015年
15時 西2m 16時 西北西3m 曇り☁️稍
1.5F17秒8 3.5F41秒9 5.5F1分5秒8 1分43秒0 H
6.8-11.0-11.8-12.3-12.1-11.8-11.9-12.0-13.3
向動外先ー内先ー逃 2-3-1


ペースは、近5年全てMかHペース。
ただ、その中でも昨年は超ハイペース❗️
3.5F、5.5F通過が、1秒以上他の年より速いです。
昨年を度外視すると、3.5F42秒前後、5.5F1分5秒台くらいのハイペースで行けば、前にいる馬でも残れます。
近5年で4回逃げた馬が馬券に絡んでいるように、前にいる馬が圧倒的に有利。
大沼Sでもありましたが、ジェベルムーサが捲って勝った事例はあるものの、基本的にはテンのスピードが速く、スッと前に付ける馬が軸に最適。
風向きが向正面向かい風=南風の時以外は、まくりにも警戒が必要です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

☆血統

父はサンデー系かロベルト系か米国型ノーザンダンサー系が好走。
ただ、父サンデー系でもアドマイヤボスやカネヒキリなどマイナーなサンデーの方がやや良い。
昨年は超ハイペースで度外視しても、基本的にスピードレースになる為、4LにGone Westやマッチェム系、ヴァイスリージェント系、ボールドルーラー系などスピード血統が入っている馬が必ず馬券に絡みます。
特に、ヴァイスリージェント系(2.1.3.12)、ストームバード系(1.1.1.5)は、どちらも単複回収率が100%を超えており、期待ができます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

注目馬は1頭‼️
ダートG12着がある割に、そこまで人気にならなそうなこの馬。


アルトス

父アドマイヤオーラ(1.1.0.3)
母父シンボリクリスエス(3.3.5.42)

田辺騎手
栗田厩舎(2.0.3.16)



前走かしわ記念は、1着から0.8秒差の4着。
諦め感があったとは言え、ルヴァンスレーヴやモズアスコットの強敵には先着。
昨年の南部杯では、ゴールドドリームにも先着しており、ダート界で小結以上の実力はあります。
問題は距離。
1700mは、3歳時の福島の猪苗代特別1着以来。
その後、1800mは2回使われていて2回とも惨敗していますが、1700mはどうでしょうか?
血統からは1700m大丈夫と見たい。
父は Pサンデー系のアドマイヤオーラ。
種牡馬としては微妙ですが、この条件なら逆にそれも良し👍
母父シンボリクリスエスは、このレースに相性良いロベルト系。
母母父にシーキングザゴールド、父父に高速レース適性高いアグネスタキオンがおり、小回り1700mの高速戦も苦にしないでしょう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

いかがでしょうか?
アルクトスはあまり人気にならないかな?
とりあえず1番人気はタイムフライヤーですが、これは前走が超ハイペースの恩恵を受けた為、そこまで鉄板だとは思いません。
むしろ、前走逃げて捕まったリアンヴェルテあたりに警戒します。
では、現時点での印。


◎アルクトス
○リアンヴェルテ
▲エアスピネル
☆ハイランドピーク
注バスカヴィル


次回は枠順確定後に書きます。
良かったらご覧ください。


⬇️クリックとブログインもお願いします⬇️





最強競馬ブログランキングへ


PVアクセスランキング にほんブログ村



競馬ランキング