テーマ:

プリウス乗りである私の父は、便利なバックモニターを決して見ません。

 

「ラクだから見たほうがいいよ!」 と私が言うと

 

「外して持ってっていいよ!」 と訳のわからない事を言います。 


そして、今日も窓から顔を出してバックするのです。

 

失敗してリアバンパーを擦ってからもです。

 

そんな父をもつ幹事たかしま 店長の高島です。

 

 

 

 

社員旅行、ゴルフコンペ、歓送迎会・・・年末の忘年会 etc

 

幹事さんにとって、大変忙しい季節になってきました。

 

幹事業を任された皆様、どうか頑張って責任を果たして下さいね。

 


感謝の幹事道  ~by幹事たかしま~
 

さて、今日は 初めて 「幹事」 を任されたときに、気をつけるべきポイントを少しご紹介致します。

(ベテラン幹事さんはスルーして下さい。すいません)

 

 

私がかつて、新人幹事としてデビューしたとき、先輩に最初に教わったこと。

 

それは、あいまいな態度や返事をしてはいけない ということでした。

 

たとえば、まだ会場が決まってないのに、先輩から 「○○でやってよ!」 と言われ、簡単に 「ハイ!」 と返事してしまう。

 

また、日程が決まってないのに 「だいたい来週の金曜くらいだと思います」 とか 「会費は3000円くらいかと」 と適当な返事をしたり・・・

 

実績などで、ほぼ固い情報を元に言ったとしても、前置きすべきですし、できれば 「追って回覧いたします」 と誠実に対応するべきです。

 

わからないことは 「わかりません!」 と言って、怒る人はそんなにいないでしょう。

 

それどころか、いい加減な態度は、後に信用をなくします。

 

私はこの事を、先輩幹事から最初に教わりました。

 

 

余談になりますが、これは幹事業だけに言えることではなく、いろんな場面でも同じことが言えるのではないでしょうか。

 

 

例えば、こんな場面に遭遇したことはありませんか?

 

今度○月○日、△△会場にて、××を開催いたします。

 

こんな告知に対して・・・

 

凄いですね、ぜひ伺います。楽しみにしてます・・・ とか

 

絶対に行きます。周りにも誘っておきます・・・ と絶賛オンパレード。

 

でも、いざ当日になったら

 

楽しみにしていましたが、どうしても都合がつきません・・・

 

とても残念、次回また声かけて下さい・・・

 

とか。

 

一人や二人ならともかく、大勢がこの社交辞令を 「正」 と思ってしまうと、あとで大変なことになりますよね。

 

 

ビジネスでこんなひどい例はあまり無いでしょうが、こういったあいまいなやりとりや、約束など。

 

これはときに 「命取り」 になります。


 

 

話がかなり脱線してすいません。

 

幹事業としても、自身の発言は 「約束事」 ととらえるべき! と最初に先輩から教わったこと。

 

幹事の前に一社会人として、今でもとても感謝してます。

 

 

幹事初心者として、これから頑張っていく方々へ。

 

是非、あいまいな態度に逃げることなく、ハッキリ物事をひとつひとつ決めていって下さい。

 

そして、後にこの経験は様々な場面で必ず生きてきます。

 

大変でしょうが、楽しいことも沢山あります。どうか頑張って下さいね!!!

 

 

 

公式HP  http://www.kanjitakashima.com


Twitter http://Twitter.com/kanjitakashima

 
動画CM http://cmizer.com/movie/232507  


 


「幹事たかしま」でした

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。