1日に一回は自分の心良い時間を作ること | こうじのブログ

こうじのブログ

治療をしていて、気になる事をお伝えします。


テーマ:

もう今日で1月21日で、日にちが経つのが本当に早いですね!

 

先週、下関にいる間、時間があったので、萩市に行ってきました。

 

日本海側は寒くて。。下関と気候がずいぶん違っていて、同じ山口県でもこんなに違うんだと思いました。

古い町並みは、昭和を思い出させ、本当に懐かしい気分になりました。人も優しく、行く先々で親切に道を教えてもらったり、気持ちも落ち着く街だなぁと思いました。

 

 

それから先週の金曜日に下関から帰ってきて、一昨日土曜日は空手の道場の新年会があり、参加してきました。

 

ここでも昔懐かしい気分にもなり、その場にいると時間を忘れてしまうくらいの心地良い気分になりました。

 

 

私はもう道場で稽古はしていませんが、私の先輩は、昔一緒に練習した方々もまだ練習していて、実際に歳はお互いにとったと思いますが(笑)皆さんかわらないなーと思い、とても嬉しい気持ちになりました。

 

会っていない間に当然、皆いろんなことがあり、話の話題は、会社でのことや体の事、どうしてもそうした話にもなります。。

 

今は会社で働くことでの負担も大きく、どんな会社にいるかで、体の状態が異なるので、本当に切実な話です。

 

問題となるのは、もし長時間ストレスにさらされている事が逃れられないのであれば、その後の自分の時間をいかに確保し、自分の体にきたダメージをその日のうちに減らす事だと思います。

 

それは、長時間ストレスにさらされていると、アドレナリンが出っ放しになり、このことが長期に続くことが、副腎という臓器を疲弊させて、様々な症状を起こす要因になります。

 

詳しくはこちらからご覧ください

 

一日のどこかで、自分の体をリラックスさせることが大切です。

 

アドレナリンの過剰な分泌をゆるやかに抑える為に、自分だけの心地良くリラックスできる方法、又は場所でもいいので、そうしたことが現代人には必要不可欠ではないかと思います。

 

自分のルーティーンを作ることです。

 

 

これに関連する話で、

 

先週、大相撲の横綱 稀勢の里が引退しました。このことで、稀勢の里のいくつかのエピソードがテレビ各局で放送されていました。

 

その中で、稀勢の里も自分の体を考えていたと思われるエピソードがありましたのでg紹介します。

 

 

角界1,2争うくらいの猛烈な稽古をすることで知られていた相撲部屋 鳴門部屋に所属していた稀勢の里は、稽古後に自分をリラックスする為の方法を持っていたようです。

 

それは、とても個人的なことですが、中学卒で相撲界に入った稀勢の里は、自分の中学の合唱祭でのCDを聞くことが一番のリラックスすることだったそうです。

 

こうした自分だけの何かの方法が自分を助けてくれることがあります。

 

それは自分でしかわからないことかもしれませんので、自分を見つめ直すことも今一度してみることも良いかもしれません。

 

横浜ホリスティック治療室

 

 

こうじさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ