日常嫌なことが多すぎると感じているか、いないか? | こうじのブログ

こうじのブログ

治療をしていて、気になる事をお伝えします。


テーマ:

そういえば最近こんなことが多いな、と感じることがあります。

 

 

いつもの時間、大半は患者様の話をお聞きすることが多いのですが、

「最近は身体の方はどうですか?」「体調はどうですか?」

 

と患者様の体の調子のことをお聞きすると、いつの間にか身の上相談になっていることがあります。

 

会社の不満、近所の方が夜遅くに電話してきて困る、又は旦那様とのケンカの話、などなど。

 

こうした日常の不満を爆発される方も多いです。

 

 

今は本当に日常で嫌なことが多すぎる生活をしている方も多いです。それが体にも影響することも多く、自分の嫌なことをする頻度や度合いにも比例して、「今週は体調が悪い」又は「体調不良が悪化した。。」という方もおられます。

 

 

意識を向ける矛先が、「嫌な事」「やりたくない事」にフォーカスされると、自然と頭はストレスいっぱいになってしまいます。

 

 

楽しいことの入り込む余地がなくなってしまい、その流れで気づかないうちに日常を生活してしまってしまい、その結果、体はおかしな状態になってしまいます。

 

実際にストレスを感じる度に指がピリピリ痛む、という方もいます。

 

何なんだろう。。と思うような身体の変化を感じることも、このストレスによって多くなっていくこともあります。そんな負の連鎖は続いてしまうこともあります。どこかで断ち切らないと自分が慢性的な体調不良を抱えることになってしまいます。

 

 

 

又、日常での嫌なことが多すぎることがあっても、それを言うことができなくて、又は言ってもあまり相手にちゃんと聞いてもらえない。。という方も多いのだろうなと思うことがあります。

 

思っている以上に、ストレスを発散できていないこともあります。自分がどれだけ日常で嫌なことを多くしているのか、客観的にみることで気づくこともあるかもしれません。

 

ストレスを感じることは誰でもあると思いますが、どうその影響を変えていくのか?これがその後の心身の状態に大きく関係しているような気がします。

 

 

 

話は変わりますが、私は今、12月9日から山口の下関にきています。

 

仲間と立ち上げた一般社団法人での勉強会、会議、そして忘年会もかねて滞在しています。

 

いつもと違う場所にいると、いろんなことを整理して考えられる時間が得られてとても有難いです。

 

いつもと違う空間に定期的のいることが、必要なことも感じています。(以前から行きたかった山口県の角島にも行けました!)

 

 

横浜ホリスティック治療室

 

こうじさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス