慢性的な肩こりや首の痛みや張りが⇒首がつまる、頭が圧迫される感覚になってきたら注意が必要 | こうじのブログ

こうじのブログ

治療をしていて、気になる事をお伝えします。


テーマ:

歳を取ってくると会話に中に,体の事が話の中心になってしまうことが多くなってきます。

 

~さんが入院した、とか、誰かが病気になったり、入院したり、体調が悪くて疎遠になってしまう方もいたり。。こんな話が多くなってくることは、若い時では考えてもいなかったことです。

 

ですが、実際に40歳を超えると、こんな話を聞くことも多くなり、病気まではいかなくても慢性的な肩こりや首の痛みなど、生活に支障はないけど、何か体に慢性的な症状が当たり前になっている方も多く、このような慢性的な肩こりや首の痛みや張り、腰痛など、そのままにされている方も多いです。

 

生活に支障がないと、なかなかこのような状態を何とかしようとは思えないことも多いのだと思います。

 

人様の体を診る仕事をさせてもらっていると、年齢と共にこうした症状の度合いも変化し、年々ひどくなっていることを目の当たりにすると、こうした体で感じることは、たとえ肩こりであっても、体の変化の表れだと考えて、早期に改善することが望ましいと感じてしまいます。

 

若い頃は、それでもよかったことが、本当に40代の後半、45から47歳くらいになると、体の変化が顕著に表れてくると思います。

 

首の張りや痛みが、「首がつまっているように感じる」、又は「頭が圧迫されるような感覚」などのような症状に変わり始めたら、体が今までのようなストレスに適応する能力を低下してきて、体自体が今までの生活では耐えられなくなってきている表れであると思った方が良いと思います。

 

このような症状から、頭痛に繋がり、人によっては気持ち悪くて吐いてしまう方もいます。

 

こうした症状を抱えている方は、殆どストレスに自分の体が適応しずらくなってしまていることで、どんどん症状が年齢と共に強くなり、変化していきます。

 

症状が複数重なってしまうことで、更につらい状態になっている方も多いです。先日も、首がつまる症状に加えて、胃がチクチク痛む、咳が止まらない、息苦しく感じる、といった複数の症状を抱えておられる方がいました。

 

要因は、ご自分では当たり前だと思っていた日常のストレスに、体が耐えられなくなっていました。。すぐにはこうした状態には誰でもならないのですが、今の年齢、今までのストレスの度合いや持続的にストレスを受けてきた年数にもよります。

 

ストレスとはこのように、個人差がありますが、自分の体の変化を自分で確認して、自分の状態を知っておく必要があります。自分の体を本当に注意する必要があります。

 

生活を変えないといけない時期が誰でもくるので、その先の病気になる、ならないは、こうした体で感じられる症状がある時に、どう対処したかにもよります。

 

肩こりや首の張りや痛みなどは、日常多くの方が感じている症状でもある為、それに生活自体には支障もないので、そこまで深刻には考えないと思いますが、その先に首がつまってきたり、頭が圧迫されいるように感じる時は、体の状態が変化してきたこと、ストレスに体が適応しずらくなっているというサインだと思って、自分の生活を振り返る必要があります。

 

横浜ホリスティック治療室

こうじさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス