体の予防とは?薬、ワクチンのことを考えること | こうじのブログ

こうじのブログ

治療をしていて、気になる事をお伝えします。


テーマ:

病気を予防することに意識を向けることが、今は重要視されていることは知っている方も多いと思います。

 

予防医学というという名前も、今では当たり前のように使われて、いろんな活動をされている医師も増えているようです。

 

今は検査だけでなく、病気にならない為にワクチンを使い、この方法が有効だということも言われています。特に女性では、子宮頸がんの問題が深刻であるという記事や動画も多く、こうした話を聞くとすぐにワクチンをしないといけないという気持ちになると思います。

 

子宮頸がんに関してはこちらから

 

 

しかし、このような記事や動画を見ると、不安や心配からそう思ってしまうのですが、一方でこのワクチンにより副作用で体を崩す事も多いという話も聞きます。

 

たぶん、誰でも思うことだと思いますが、ではどちらを選択すれば良いのか?

 

このことの答えのようなものは、あまり情報もなく、薬やワクチンなどのことは知れば知るほど、副作用のことが心配になります。

 

昨日もネットの記事で、「ジェネリック医薬品」の使用が低下している地域の話が出ていました。ジェネリックは値段が安いいことで知られている医薬品です。

 

こうした地域の方のジェネリックを使用したくない理由が「安全性が心配」「効果が心配」というものでした。記事はこちらからご覧ください

 

 

副作用のことは、語られない事も多く、こちらに来られる患者様も「予防の為に薬を飲んでいた」という方も多く、薬の副作用やワクチンは本当のところどうなのか?

 

こうしたことが今の体に影響していないか?

 

予防ということをただ向け身で捉えることも危険な部分もあると感じます。

 

薬の副作用はこちらから

 

 

先日、信頼する豊田医師にワクチンの事を聞いてみました。

 

まずワクチンは何からできているのか?ということです。人間からつくられていなく、ガの幼虫から作られているものもあり、これが果たして体に何か作用しないのか?そもそもワクチンが一人一人にどう作用するのか?人によって異なるかも知れないということもあります。

 

私もワクチンの製造過程のことまでは知りませんでしたが、この事を知ると外部から取り入れる物(薬やワクチンなど)のことをもっと知る必要があると思います。

 

豊田医師も、自分でまずいろんな情報を知って、自分で考えてその薬をどう使うか?ワクチンを使うか?自分で選択することが重要だと言われていました。このことを知ると、経済のことを優先して、世の中が回っていることもよくわかります。

 

ワクチンの培養の記事はこちらから

 

 

一番の予防を考えた場合、やはり自分の体の免疫力をどうやって高めていくか?ここに行き着きます。

 

自分の体の免疫力が低下してしまう事は何か?生活習慣なのか、食生活なのか?または日々のストレスなのか?

 

自分なりの体の免疫を高める方法を見に付けることかと思います。

 

横浜ホリスティック治療室

こうじさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス