問題をそのままにしておくことで起きてしまう事 | こうじのブログ

こうじのブログ

治療をしていて、気になる事をお伝えします。


テーマ:

どんなことでも言えることかもしれませんが、仕事でもプライベートでも、その現場でいろんなことが起きていることで、様々な問題が生じることがあると思います。

 

人間関係にしても、何かの機器の不具合でも、何かの作業でも、何か問題が生じた場合、その原因を明確にして何が要因でそうなってしまったのか?これをハッキリすることで、今の問題をなくすことだけでなく、今後問題が起きないようにすることが先決となります。

 

当たり前のようなことですが、実際はこの問題が解決しないまま、そのままの状態になっていることも多いようです。

 

友達の話やこちらに来られる患者様の話でも、よく聞く話に会社内でも問題がわかっていながら見て見ぬふり、又はその問題をそのままにしているということも多くあるようです。

 

その状態はどんどん問題が広がることになり、個人ではどうしようもないところまで発展してしまうことになって、結果としてその場の環境にいられなくなる。。ということもあるようです。居れたとしても、その影響は体にも影響し始め、その場の環境の影響というものはそれだけ大きな問題です。

 

これをわかっていながらなかなか変えられない事が、多くの方に起きていることが、心身の問題や様々な症状の原因でもあると思います。

 

 

このようなことは、実際の治療の現場でいろんな方の体の症状の問題は何か?これを見つける作業から分かってきたことです。このように人体はまだまだわからないことがあります。

 

実際の現場では、こうした今までの規制の考え方では説明できない事も多く、しかしその理由を科学的な根拠から求めてしまう事も多いです。

 

このような話があります。

 

ある研究によると、筋肉の緊張や固まったような状態になることには、使い過ぎや運動し過ぎなどの物理的な事だけではないことが、わかってきているようです。

 

世界ではいろんな科学者がいて、こうした今まで説明できなかったことを科学的に解明する為に努力している方もいます。それによると、筋肉とは、自分を取り巻く環境に対して、「自分がどんな解釈をするか」で、反応したり、変化したりすることがあり、環境そのものだけでなく、自分の解釈によって影響してしまう事を突き止めたようです。(潜在意識を変えればすべてうまくいく アレクサンダー・ロイド博士著 から参照)

 

こうした科学的な説明が現場で起きている事の理解に繋がることもあります。それは、体で起きている要因には何かの理由があるからです。

 

患者様の体の改善が早く起きる時、不思議に思うことがあります。それは、その方が自分の問題を深く理解した時に治癒することです。これも今の規制の考え方では理解できない事ですが、自分の解釈によってかわっていくこと、それはいろんな問題を起こす要因に、自分の思い込という部分が大きいということも関係しているからではないかと思わざるおえません。

 

まだまだ人体のことはわかっていないのだと思います。

 

横浜ホリスティック治療室

 

 

 

こうじさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス