身体の変化をいち早く知る為に | こうじのブログ

こうじのブログ

治療をしていて、気になる事をお伝えします。


テーマ:

「こんなに体が張っているとは思わなかったです」とか「触られてはじめて体が固くなっていた事に気づきました」など、こうしたことを言われる方は多いです。

 

自分の感覚とは、自分でもわからなくなっていることがあります。一つの例ですが、骨折をしていてもマラソンを完走した方もいるという話を聞いたことがありますから、それぐらい身体の感覚とは自分の今の状態によって感覚を感じなくさせてしまうことがあります。

 

よくある話で、試合が終わった後に痛みを感じ始めた。。とか気持ちが落ち着いている時、リラックスしている時に痛みや何かの症状が起きることが多い。。と言われる方も多い理由は、この自分の自律神経の状態によることが大きいからです。(戦闘モードになっているととても興奮状態になります)

 

痛みを感じなかったり、感覚が鈍っているような時の多くが興奮状態にあることだと思いますが、こうした自分の体の変化を客観的に診れる方法があれば、未然に病気を防げたり、体調の変化をいち早く自分で知って、自分でコンディションを整えることが出来るのではないかと思います。

 

身体の変化をどういったことからいち早くわかるのか?これが体の電気的な変化であり、今では波動の変化を診るということのようです。

 

波動とは少し、いかがわしいように感じる方もいあるかもしれませんが、こうしたことが海外特にドイツでは盛んに行われ、医師がこうした波動の検査器具を使い、自分のクリニックで患者さんを診ている。ということが行われているようです。普通の西洋医学の病院がありながら一方で多方面から体を診るという考え方は、日本では考えられかもしれませんが、これが国によってことなることで、健康状態にも影響しているのではないかと思います。

 

もう15年以上も前に本でこうしたドイツの新しい医学の取り組みを知って、こうしたことが日本でも普及してほしいと思っていましたが、昨日紹介した「矢山クリニック」で使用している機器はこれと同じ原理の機器です。

 

日本でもこうしたことを行う医師がいて、結果を出されている事に感銘を受けました。更に進化した診断技術が日々の臨床で矢山クリニックでは更新され、それが日々患者様に反映されていることもお聞きして、これがどんどん全国に普及してほしいと思いました。そのお弟子さんも多くおられ、お弟子さんが開業し、関東でもいくつかあるようです。

 

バイオレゾナスという機器がありますが、さらに改良された機器のようで、ロシアの機器です。バイオレゾナスはこちらから

 

 

矢山クリニックでは、 ゼロサーチ、アムサット という新しい装置を使って診されています。 (ゼロサーチ、アムサット の体験されている方の体験記もありましたので、興味がる方はご覧ください)

 

 

 

波動医学における波動的診察法は、非常に優れた方法なのですが、
西洋医学的な立場の方々から、「客観性と再現性が低い」ということを問題視され、指摘されることが少なくありません。

その客観性と再現性を高め、なおかつ感度も優れた波動的計測法が
ロシアで研究され、開発されました。

 

特徴として、

1.再現性のある結果が得られる。
2.機能低下と機能亢進の表示が可能。
3.自律神経系の状態の評価が可能。
4.問題のある場所の特定ができる。

という所にあり、ゼロ・サーチなどの波動測定器と、CTやMRIなどの西洋医学的診断装置の中間に位置するような診断装置であり、物質医学と波動医学との橋渡しとなるような、そんな優れた診断機械です。

( しげた総合診療クリニック院長のブログから参照)

 

 

いろんな取り組みをされている方も多く、調べて見ると都内でもこうした取り組みの医院はあるようです。詳しくはこちらから

 

体の事をより知る為には、新しい考え方が必要なのだと思います。

 

横浜ホリスティック治療室

 

 

こうじさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス