佐賀県の矢山クリニックに行かれた方の報告 | こうじのブログ

こうじのブログ

治療をしていて、気になる事をお伝えします。


テーマ:

先日、患者様が佐賀県の矢山クリニックという西洋医学と東洋医学の方法を取入れ、歯科も取入れた、規制の病院とは異なる病院での報告をお聞きしました。

 

矢山クリニックはこちらからご覧ください

 

 

独自の方法で治療をされているこの病院に3日入院され検査から治療までされてきました。

 

今のお体で何が起きているのか?このことを 皮膚表面と人体内部に微弱な電流を流し、多方向の電流値を測定し、波動の流れをチェックし、病因の原因がどこにあるのかを突きつめる検査方法をとっておられるそうです。

 

こうしたことを医師が行っていることに意味があると思います。規制の方法ではわからない問題があり、そこに真剣に向き合って取り組まれていることには本当に希望を感じます。何が問題で起きているのか?いろんな方法が病院にあるという安心感もあると思います。

 

それは医師でないと出来ないことです。そして、医師の言葉が患者さんに与える影響がそれだけ大きく安心感を与えると思います。

 

こうした検査でわかることは、目に見えない身体の変化があるということを一般の方にも伝えられ、認識していきやすいこです。今の病院の検査は細胞レベルの変化を診る検査が殆どです。しかし、細胞レベルの変化が起きる前に誰でも身体では電気的な変化が起きています。その変化を可視化して科学の領域で確認する事が、今までの病院にないことです。

 

それには、人間の体がどうやっておかしくなっていくのか。このことを理解し、その問題は様々なことから起きてしまう事をまず理解しないといけません。それを医師から患者に伝えられ、この理解は予防へと繋がっていきます。患者が自分の体の事を理解する事になります。

 

この行かれた方も、「自分の体にこんな問題があったのか。。」と深く理解されたようです。

 

普通の病院では原因がわからない、という答えが返ってくることが多いのですが、ここでは何が問題かお答えしてくれることに大きな意味があります。この方はこの検査で原因が発見され、今何が問題で症状が起きるのか?このことを知ることが出来き、そして3日間の滞在で体も楽になり、大変満足されて帰られてきました。病医院がある環境も素晴らしく緑が多く、建物の中も普通の病院ではなく本当にリラックスされるように作られていて、身体に良い素材で作られていると言われていました。ホテルのようなリラックス感があったようです。

 

病気の方にはこうした配慮も必要だと思います。

 

実際に行かれて、この方の場合、一番の問題は「野菜、果物や魚など生の食材にいる菌の影響が大きい事」これが、大きいということがわかったそうです。

 

今は環境の汚染がそれだけ深刻なようです。生の食材は必ず火を通すように!と言われたそうです。それだけ、私達の環境は汚染されていて、気づかないうちに体内に存在し、この問題が深刻になっている事のようです。

 

それが体内に存在し自分の免疫力が高い時はまだ良いのですが、ご自分の生活の中での様々なストレスや精神的なストレス、シャンプー、化粧品、洗剤、添加物などの化学物質の影響や電磁波の影響など、免疫力の低下を起こす要因があることで、これら菌が暴れまわる事が様々な症状に繋がってしまうようです。

 

あと、ダニも大きな要因になっているようです。こうした菌の影響を無くすために特殊な漢方を摂る事で解決する事をされて、ずいぶん元気になられたようです。しかし、要因はこうした菌の感染なので、生活にこうした菌が感染しないようにすることが最も重要だということのようです。

 

 

私達は汚染された環境にいることを知った上で、普段の生活をどう過ごすか。これが私の今後の課題だと言われていました。
 
こうした自分に置き換えることで、本当の要望に繋がっていくのだと思います。
 

 

こうじさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス