誰にもわからないと思うような思いが誰しもあること | こうじのブログ

こうじのブログ

治療をしていて、気になる事をお伝えします。


テーマ:

誰もが同じ景色を見ているようで、実はそうでないことがあります。

 

なんでそんな風に考えてしまうの?と思うような、他の人にはわからないことが誰にもあり、これが膨れ上がることで大きなストレスになることもあります。

 

いろんな患者様の話を聞いていると、自分の思いで生きられていない方が多くなっている事を感じます。

 

自分の思いを言えなかったり、言わない方がいいと思ったり、又は自分の思いを上手く表現できない事もあり、そのまま自分の思いは言わないで、そんな生活を長年続けていると自分の思いと裏腹な行動によって、心身のバランスを崩す事が起きてしまうのだと思います。

 

自分の気持ちを言わないこと。これは周りのことを配慮したことであっても、自分の思いを発言できない事は多くの身体の症状とも繋がってしまうので、こんなことが。。と思っっていること。又は自分はいつもそうしてきたので当たり前になっていることなので気づいていない方もいると思います。

 

心身ともに比較的健康な方からすれば、人の発言や言葉を聞いて、何でそんな風に思うの?と思うようなことがあること思いますが、こうした人によって物事の捉え方は様々で、自分の思いではない事も脳に定着してしまっていることもあります。

 

ある本に書かれていたことが一番わかりやすい表現だなと思いました。その本に書いてあったことの例で言うと、こうした状態はパソコンに変なソフトがインストールされていて、いつもパソコンがフリーズしたり、起動しなくなったりしてしまう状態に似ていて、それを解決するには一回そのインストールされたものを消去しないといけないことがあります。

 

多くの方に起きていることで、自分の思いではないことが、いつの間にか刷り込まれてしまっていて、それが親や兄弟、友達の話した言葉などから起き、それはその時の状況によって、そうしないといけないと自分で思ってしまった事がキッカケとなることで起きてしまうのだと思います。

 

そうなると自分の裏腹な行動を実は今までとっていた。。ということもあり、自分の無意識の思いが行動に反映されていた。ということもあります。

 

自分の中で言葉で自分の今感じている事を相手に分かりやすく表現し、さらにそれを文章化することが出来るのは、一つの才能だといつも思っています。

 

なかなか自分を表現する事が難しいと感じている方も多いのだと思います。それは自分の思っている事を発言することでの周りとの関係性のことが気になってしまうことにあることも多いです。こんなことを人にも言う機会もないので、それが更に溜まってしまう事になり、悪循環を起こすような気がします。

 

横浜ホリスティック治療室

 

 

こうじさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス