病気になる前の未病にならない為に予防することも大切だと思います | こうじのブログ

こうじのブログ

治療をしていて、気になる事をお伝えします。


テーマ:

今は一人の方の症状を改善する為にいろんな方法やいろんな方の力が必要なことも多くなっています。

 

今までは、体へのケア(マッサージ、カイロ、整体、鍼灸など)だけで良かったことが、それだけでは追いつかない状態、もっと深い部分の癒しや取り組みが必要になっています。

 

人の体の症状を起こす問題の根が深くなってきている事を感じます。

 

患者様が体の症状が辛くて来られるのですが、今は一人一人抱えている問題がたくさんあり、体自体が直接の問題ではない場合も多く、自分を取り巻く環境や人間関係、自分の将来への不安など、こうした個人の問題が膨れ上がってしまうことで、体にも影響してしまうことが本当に多いです。

 

抱えている問題が多く、(家族のこと、夫婦のこと、子供のこと、仕事のこと、会社でも人間関係、自分の将来の不安や心配、又は現在の時間に追われてている生活、それによって起きうる栄養となるものがちゃんと摂れなくなる食生活への影響など)こうしたことが体調の変化として表れる事がとても多いです。

 

年齢が50代を過ぎ、今まで抱えていたもの(今までの生活習慣から食生活、過去の古傷や事故や外傷の影響、又は今までの人間関係から、今までの経験でいろんな思いが残っている事まで‥)が、何らかの形で体に表れ始めてくることがあります。

 

こうした年齢になると、今までとは異なる症状が気になり、又は複数の症状が起きている方も多く、何か体の異常を感じている方も多くなってきます。

 

又、同時に若くして体調がずーと悪い方も多く、年齢の影響だけではない問題もあります。こうした多種多様な個人の問題をどう解決していくか。これが健康でいる為に必要不可欠なことになりつつあります。

 

誰でも年齢を重ねていくと、体力的な衰えや、老化を感じることも増えてきますが、「まだ大丈夫」と思っている方も多いです。誰でも自分は大丈夫と思っている方も多いですが、今は自分も広範囲の問題から体調を崩すことが起きうると考えて、日頃から予防をすること、自分の体の事を知ることがとても大切なのだと感じます。

 

医療でも、予防医療というものを推進していて、病気の早期の発見のための検査やいろんなワクチンをしましょう。という活動もしています。

 

これも大切なことだと思うのですが、その病気の元となるもっと個人的なことに目を向けるような活動も必要になってきていると思います。どんなことから病気に至ってしまうのか?予防とは検査やワクチンだけで良いのか?どんなことから体調を崩してしまい、今多くの方が抱えている問題は何なのか?

 

自分のご自身の生活の仕方は本当に今後大丈夫なのか?そこには日々自分のどんな気持ちで生活しているかということも大きく関係してきます。予防をするということは、自分の生活を振り返ることから出来る部分もあります。多くの体調を現在崩されている方から学ぶこともできます。

 

今は医療とは違う方向からも予防が必要な気がします。人との関係性のこと、栄養素のみの栄養学ではなく本当に体の為になる食べる物のこと、どんな生き方が健康に良いのか?それには、より自分を知って自分を振り返る時間も必要な時もあるかもしれません。

 

一度大病を患ったり、体調を崩す事で今までの自分がわかる事もあります。病気にある前の段階の未病という状態をもっと重要視して、その時から体で起きている事を早期に知ることが大切になってきています。

 

これも患者様の状態を診させて頂いて、気づくことがとても多く、これをもっと他の方にも活かせるようにしていきたいと思います。

 

横浜ホリスティック治療室

こうじさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス