体調が悪くなる過程に人間関係のことがあること | こうじのブログ

こうじのブログ

治療をしていて、気になる事をお伝えします。


テーマ:

仕事柄、いろんな人の体調の悪くなった話を聞ききますが、そうなる過程には、いろんなことがあったのだと感じます。

 

その方が何で今のような状態になったのか?その方も気づいていないことも多く、多くの方が「今の症状が起きる前に特に何もなかった」と言われることも多いです。

 

人に話して初めて自分でも気づくこともあります。人によっては、体力があって、体の無理ができる方ほど、症状が重い方もいます。人より我慢強い事もそうです。そこまで無理をしないといけない状況に多くの方がいることも言えます。

 

誰でも皆、必死にやらなくてはいけないことも多く、自分が無理をしているのも気づかないこともありますし、無理しないとどうしようもないと言われる方もいます。私も昔若い頃は会社勤めをしていましたので、何もわからなくてただ言われるままにしないといけないこともありました。

 

そうした会社にいることで、「このままでいいのか?」「本当にやりたいことは何か?」この時に初めて自分で真剣に考えました。

 

 

したくないことでも無理して体を壊すか、自分の気持ちに正直になってチャレンジするか?この時に選択を迫られたことを覚えています。

 

会社を辞めて、今の仕事の方向に行ったわけですが、その後もいろんな自分で上手くいっていない。。と思う事も多くありました。

 

でも最終的には、自分の気持ちに正直になることが一番だと思い、それに従ってきたことが結果的には良かったのかと、今では思っています。

 

体の不調と現在のいろんな人間関係、会社でのこと、今の自分の気持ちなど、こうした現在の方向性を変える機会がきていて、その結果がいろんな体調の変化に表れていることもあります。

 

今は若い方でも、病院でも原因がわからないような方も増えていて、若くして症状の重い方も増えています。そこにはいろんな悩みを抱えていることもあり、それを相談する場もない事も大きな要因になっているような気もします。コミュニケーションが上手く取れない事も体に大きく影響しているように感じます。

 

横浜ホリスティック治療室

 

 

こうじさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス