多くの幸せに感じる瞬間が健康とも関係すること | こうじのブログ

こうじのブログ

治療をしていて、気になる事をお伝えします。


テーマ:

日常で今までなかった痛みが出たり、出なかったり。いつも痛みが起きる訳ではなかったり。又はある時期から今までになかった何かの症状が起き始めることがあります。

 

体調が崩れる要因は様々で、何か自分でも気づかない要因で起きていることもあります。何が要因で体調が崩れているのか?自分でも気づけないことに、大きな問題があります。

 

毎日自分で好きな仕事をしている。今の生活に特に何も不満が無い。今まで通りのいつもの生活を送っているので、これといってストレスに感じることもない。

 

こういったことを言われている方でも、何かの症状が起きていて、何が自分に起きているのか?ここがわからないでいる方が実は多いです。

 

好きな仕事をしているので、楽しいし、確かに時間がない生活だが、何もストレスには感じていない。しかし、こうした状況で身体に何かの症状が起きていることや慢性的に肩や首が張っている状態など、何らかの体に変化があるな場合、何かに自分がストレスを感じていることがあります。体は正直なので、何かに反応しているのです。

 

日常で、何がストレスで何がストレスではないのか。これがわらない状態になってしまうこともあります。

 

多くの自分のやりたいことでも、自分のキャパを超えてしまうと、それは身体ではストレスと認識し、脳がうまく働かなくなってしまい、自分でも今の状況が把握できなくなってしまうことがあります。自分で何かをゆっくり考えることが大切なのは、自分は常に変化していて、常に自分の望んでいることを確認しないと自分がどの方向に進んでいるのか?わからなくなってしまうこともあるからだと思います。

 

自分が幸せに感じることは、物欲だけでは満たされないこともあるのだと思います。自分の幸せとは健康とも密接につながっていて、自分が満たされることが健康になるためには大切で、不満に思う人生は自分の健康にも大きく影響するにだと思います。しかし人によっては自分のことだけでなく、周りが幸せな状態が自分の幸せになっていることもあります。

 

人それぞれ幸せと感じることが異なるので、自分の一番心地よく感じること、それが仕事だけではなく、他の幸せに感じることも必要なのだと思います。たくさんの異なる幸せを感じることが本当に満たされた状態なのかもしれません。

 

自分で感じるのは、何かの瞬間で感じられる状態が幸せなのかな、と感じます。

 

例えば、楽しい宴会の時間、ドラマや映画を見ていて終わるに近づきこの物語が終わって欲しくない。。と思う瞬間。自然の中にいて何も考えていないような気持ちが良い瞬間。

 

何かこうした幸せに感じる瞬間を自分で意識的にしていかないと、もしかしたら日常の当たり前になっているストレスにながされていってしまうのかもしれません。

 

自分の方向性をハッキリさせることも大切なような気がします。

 

横浜ホリスティック治療室

 

 

 

 

 

こうじさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス