自分の思いを人に話すことで自分を振り返ることができること | こうじのブログ

こうじのブログ

治療をしていて、気になる事をお伝えします。


テーマ:

誰でも今までいろんなことを感じきていると思います。

 

その中で自分の思い残したことが誰でもいくつかあると思います。

そうしたことを一つ一つクリアしてこれなかった事もあって、自分の中では、もう終わったと思っていたことが、残っていることもあります。

 

こうしたことが、心身の問題に後々影響することが実際にあります。今は何が自分のストレスになり、何が要因で体調が悪いのか?わからない状態になっている方も多いです。

 

それがそこまで記憶に残るほどの事ではないと思っていたことでも、自分の記憶の中では残っていて、その時の思いはその時は必要であったことなのですが、今ではそれが足かせになって自分の負担になっていることもあります。

 

ストレスとは、こうした自分の意識にないことからも起きてしまうので、自分がいつの間にか気づいたら体調良くない状態に慢性的になっていることもあります。

 

子供の頃に親の期待を感じていたり、親の言葉がいつまでも残っていることもあります。しかし、普段はそれほど気にしていないという状況もあり、普段はそこまで気にしていないことかもしれません。

 

その人にとっては、大きなことであり、その時の思いが今も自分の行動に影響し、自分の本心ではない思いが行動の元になっていることもあります。

 

それが結果的にストレスを生んでしまうこともあります。

こうしたことをもう捨てる時期にくることで、その反応が体で起きることで、体調が悪くなっていることもあります。誰かに話すことで、自分のことを理解したり、今までのことを振り返ったりすること、自分のあの時に思いを表現することになることもあります。

 

こうした体の事が何かのサインであることも多く、表れ方も人それぞれです。何かの症状であったり、体調がくずれることになることもあります。

 

ここの部分が根本原因であれば、自分の気持ちの安定、安心、平穏な状態になることが症状を改善することになります。

 

こうした心身のバランスが崩れる事が、今は多くの方の症状や体調不良の根本原因として大きな問題になっているような気がします。

 

 

横浜ホリスティック治療室

こうじさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス