自分のお子さんがストレスを感じていることに気づくこと | こうじのブログ

こうじのブログ

治療をしていて、気になる事をお伝えします。


テーマ:

今子供がストレスを抱えていることが多くなっています。

 

この今お子さんがストレスを抱え、これが身体にまで及ぶくらい我慢している事が多くなっていることは、私も実際にお子さんに何かの症状が起き、病院でも原因がわからないということで、お子さんを連れて来院される患者様を診させて頂いてわかったことです。

 

以前もこのブログで書きましたが、小学生から中学生まで様々な原因がわからない症状(ふらつき、手の湿疹、手のガングリオン、精神的な事の赤面症など)で悩んでいて、この要因の殆どがストレスです。

 

大人が会社で人間関係やいろんなことにストレスを感じると同じで、子供は、友達との人間関係、毎日の習い事の多さ、遊ぶ時間がすくないこと、又は家庭でのこと‥様々です。

 

先日も、お子さんが特に何かの症状がある訳ではないですが、定期的に来られている患者様の自分のお子さんのことで、話されていたことで、この患者様のお子さんも相当なストレスを抱えている事を感じました。実はこうしたことでも子供は多くのストレスを抱えているのではないか?と感じました。

 

「子供を見ていてなんでこんなことができないのか?イライラするんですよね。そして、自分でいろんなことをやってあげてしまう。」

 

こう言っておられました。

 

 

私も経験がありますが、こういった親の態度は自分が出来ない事でイライラしている事で怒っているのがわかりますので、こちら(子供の方も)も出来ない事に自己嫌悪を持ちつつ、でも親に対しても憤りを感じてしまいます。

 

これが、毎日のようにあると常に日常にストレスを感じてしまいます。

 

こうしたちょっとした事の毎日の積み重ねが、自分に自信を持てなくなったり、又そのストレスを吐きだす時間も機会も少ない事で子供がストレスを溜めてしまい、いろんな我慢をする事になっているのかもしれません。

 

お母様もこうしたイライラした時は、自分のことでいっぱいになっているのかもしれないので、もしかしたら自分が子供のストレスになっているとは思っていない事もあるのかもしれません。。

 

こうしたお話をした後、患者様は、「もしかしたら自分が子供のストレスになっているのかも。。」と気づいていらっしゃいました。自分でも子供のことで、いっぱいいっぱいになっていると、子供の事に気づけないこともあるのかもしれません。

 

横浜ホリスティック治療室

こうじさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス