皮膚に湿疹ができたり、ガングリオンなど、皮膚科に行く方が増えているようです | こうじのブログ

こうじのブログ

治療をしていて、気になる事をお伝えします。


テーマ:

私は病院に行くことが少ないのですが、今の病院のことをよく患者様から聞くことがあります。

 

最近も皮膚科に行かれた患者様からお話を聞きました。皮膚科が特にかどうかわかりませんが、朝から40人待ちで、こんなに何かのアレルギーか又は皮膚に異常を感じている方が多い事に驚いた!と言われていました。

 

この方は普段は皮膚科に行くようなことはないようですが、手に湿疹できて、なかなか治らないようなので行かれたようです。

 

皮膚に表れる症状には、免疫力が低下していることも関係があります。

詳しくはこちらから

 

現代のストレスが大きい事も言われています。目に見えない原発の影響もあるのでは。。と言われる方もいます。

 

 

このブログでも以前記載したことがありますが、皮膚に表れることはいろんな要因があります。最近では、子供でも手や指の湿疹、ガングリオンという膨れ上がった状態など、湿疹が急に起きることも多くなっています。

 

小さなお子さんもストレスを感じていることで、こうした湿疹やガングリオンが出来てしまうことも多くなっています。

 

 

又、食べる物の影響もあり、これは患者様の症状を起こす要因にもなっていることで、自分に合わない物を気づかないで毎日食べているということもあります。

 

フードアレルギーの記事がありました。詳しくはこちらから

 

これは、好きなものに多いことで、毎日同じものを食べている事で起きることも多いです。これは皮膚の症状に限らず、慢性肩こりの要因になったり、慢性的な腰痛、背中の痛み、又は足の痛みなど、多くの体の張りや痛みとなって表れている方もいます。

 

実は慢性的な身体的な問題が、こうした食べ物から起きている事も多いです。これに普段のストレスが加わることで、体は過敏にこうした自分に合わない物に反応するようになり、人によっては下痢になることもあります。しかし、普段の食べ物との関係があると気づいていないので、そのままにして、身体に絶えず影響して、先ほど出た免疫力の低下にもつながり、徐々に体を消耗させ、体の働きを低下させていきます。

 

自分の食べる物も日々体に影響していないか?現代はいろんな事を自分の中で起きている事と関連付けて自分の生活をチェックすることも必要になってきています。

 

横浜ホリスティック治療室

こうじさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス