自分の腸内細菌の状態と脚の筋力の関係 | こうじのブログ

こうじのブログ

治療をしていて、気になる事をお伝えします。


テーマ:

毎日暑い日が続いています。日中は外に出るのも大変な感じがします。。

 

この暑い中、自分の身体のコンディションを整えることがとても大切になってきます。こう暑いと食欲がなくなってきたり、食事の面だけでなく、それに伴って生活面も夜は熱帯夜が続いていますし、この天候の変化だけで変わってしまいます。それによって気分も影響するように思います。だるくなってしまったり、やる気が起きなくなったり。。

 

身体の状態とは、こうしたいろんなことから影響する事を感じます。

 

先日、サッカー選手のお体の状態を診させて頂きました。

 

一カ月ほど前に回腸炎になり、それから脚に力が入らなくなり、練習も思うように出来なくなって、来院されました。当然病院でいろいろ調べられたようですが、原因がわからないということでした。

 

こうした腸の問題と脚の筋力の関係はとても多く、腸の状態に脚の状態は影響することがあります。

 

お体をお調べして要因は、今までの食べてきた物(おそらく加工食品による添加物の多さ)の影響で、腸内細菌の状態が悪くなったことにあるようでした。発酵食品を摂る事が必要な状態で、この方には赤味噌が一番適していました。赤味噌とは珍しいと思いお聞きしたら、愛知出身の方で、納得しました。

 

今わかっている腸内細菌のことでは、自分が幼い頃に摂っていたものが自分の腸内細菌を増やす元になるようで、人によって異なる事がわかってきています。今腸内細菌のいろんな研究でわかってきています。

 

腸内細菌も個人差があり、腸内細菌の状態を良い状態に保つには、こうした自分に合った発酵食品を摂る事が大切です。

 

あと、やはりプロの世界なので、いろんな精神的なストレスはかなりあるようでした。自分のホッとできる時間も必要な状態で、常に緊張した状態におられたことも感じました。

 

こうした自分の体の事はとても個人差があり、この方のように腸内細菌の状態が、自分でも気づいていないうちに身体に影響していたということもあります。今の暑さも影響していたと思います。あと、その方の物事に対する考え方や思いによっても、体は影響してしまいます。熾烈な競争の場にいる方は、少し休養も必要なのかもしれません。

 

横浜ホリスティック治療室

 

 

 

 

こうじさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス