家族の中で自分のペースで生活できていないことが身体に影響すること | こうじのブログ

こうじのブログ

治療をしていて、気になる事をお伝えします。


テーマ:

身体の症状には、自分の気づかぬ生活の影響が有ります。それは、人との毎日の関係で感じている事が大きいことがあります。

 

毎日の生活をする上で、自分のペースで毎日を過ごせているか。このことも大きなことです。

 

自分の家族を持ち家族で暮らしている方、夫婦だけで暮らしている方、親子で暮らしている方、又は一人で暮らしている方、様々な形で暮らしていると思います。

 

患者様のお体の症状で、この普段の生活のことが影響していることがあるのは、自分と一緒に暮らしている方に合わせ過ぎていたり、自分のペースを相手の方に乱されてしまっていたり、こうした毎日当たり前になっているような、一緒に暮らしている方の影響があることがあります。

 

特に感じるのは、子供も成人して夫婦だけで暮らすようになって、今まで以上にお互いが顔を合わせる時間が増えたり、お互いの生活の時間の変化があったり、何かにストレスを感じていることが些細な事でも長く続いていると、身体に影響してしまうことがあります。

 

患者様でも、この普段の生活が垣間見えることがあります。夫婦で来院されている方で、何かある毎にダメだしというか、何かを言われている旦那様や高齢で足の症状があり体が思うように動かない方にそのお子さんに急がされていたり、ちょっとしたことかもしれませんが、自分のペースでいろんなことを出来ていない状況もあるのだなと感じます。

 

御本人もこうしたことあh、当たり前になっていることもあってか、こうしたことはストレスだと意識にはないこともあるようです。

 

長年一緒に生活してきていても、このちょっとした心遣いと言うか、相手のことを理解する事が難しい事も感じます。

 

横浜ホリスティック治療室

 

 

 

 

こうじさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス