慢性的にストレスにさらされていると、自分のちゃんとした思考が出来なくなってしまうこと | こうじのブログ

こうじのブログ

治療をしていて、気になる事をお伝えします。


テーマ:

誰でもストレスが無い方はいないと思うのですが、自分の普段のストレスがどれだけ身体に与えているか、気づいていない、又はそんなストレスが身体に影響するなんて、、と思っていない方もいると思います。

 

ストレスとは、目に見えない部分でもあり、実際に慢性的にストレスにさらされていると自分でもこの影響が体に与えていると感じる感覚も鈍ってしまうこともあるからだと思います。

 

ストレスとは関係ないと思われがちな身体的な症状、たとえば、慢性的な肩こりや首の痛みや張りなどの体の症状が、普段のストレスを緩和すれば良くなるとは思っていない方も多いです。

 

体の事は身体の影響、心の問題は精神的なこと心理的なこと、と思いがちですが、こうしたストレスの影響が体に影響していることが、自分でも何となくはあるかな。。と思っている方もいます。しかし、その影響が身体に影響しているとハッキリとわからないことで、そのストレスに対して自分から何かケアしようとか、今起きているストレスに対して、何とかしようと積極的にこのことに向き合うことはしていない方も多いです。

 

 

ストレスの影響は、様々ですが、今のストレスを軽減することで体の症状が軽減されることも多いです。こういう話をすると、ストレスの多くが仕事や家庭など、又は日頃の人間関係と関係していることも多いので、初めから諦めてしまってしまう方もいます。

 

直接そのストレスに目を向ける時間を少なくすること、具体的には今のストレスを軽減する為には、自分が思っている以上に楽しむ時間を増やさないと難しいことがあります。

 

ですが、慢性的にストレスの影響を受けている方は、自分の楽しむ時間や自分が楽しい時間はどんな時だろうと??と考えてこなかった方も多いです。慢性的にストレスにさらされていると、ちゃんとした思考や判断ができなくなって、どんどんこうした楽しいことは何か?という発想にならなくなってくるのだと思います。

 

これが、今多くの方の症状を起こしている要因として多いです。自分の発想を変える為に、体に刺激を与えることが必要な場合もありますし、まったく今までとは違う話を聞くことでも刺激になり、自分がこれによって少しずつでも変わっていくことが、こうしたストレスにさらされている時には大切なこともあります。

 

こうしたストレスの影響があること、自分がその分楽しむ時間を増やしたりすることが、今の生活をすることに必要不可欠なことだと知ることも大切なことだと思います。

 

誰でも何かの症状がある時や慢性的な症状がある時は、癒しを欲しいと思います。人からの癒しも必要な時もありますが、自分で自分を癒す方法を知っていると、自分がバランスが崩れそうになっても元に戻す方法を知っていると、それが自分の支えになったり、自分が本来ある自分を取り戻すことになり、これが長く生きて行く為に必要なことだと感じます。

 

横浜ホリスティック治療室

こうじさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス